close

2021-01-24

【プロレス事件簿】NOAHに突然、大激震! 森嶋の電撃引退をスクープ 2015年4月

2015年4月、「プロレスに未練はない」と引退を発表した森嶋猛

取締役としての責任感から、満身創痍の状態でリングに上がり続けてきた森嶋猛が引退。NOAHを侵略してきた鈴木軍を駆逐するために160kgの巨体を取り戻そうとするも、健康上の問題で断念せざるを得なかった。

 2015年4月16日、NOAHは「グローバル・タッグリーグ戦2015」に向けた会見前に、出場を予定していた森嶋猛が欠場することを発表した。本誌の取材で森嶋は前日の15日、田上明社長に引退する意思を表明。数年前から右肩、左ヒザ、左ヒジの負傷で満足なトレーニングができない日々が続き、取締役としての責任感からだましだましリングに上がり続けていた。

 同年からNOAHは鈴木軍の侵略を受けていた。森嶋は外敵を駆逐するため、160kgの巨体を取り戻そうと増量に取り組んだ。しかし、直近の健康診断で糖尿病と肝臓の数値が悪化。増量を断念せざるを得なくなった。

 森嶋は引退の決意を固めてから先輩&後輩&関係各所に報告を開始。5月10日の横浜大会で引退の挨拶をおこなった。その後、2018年7月10日に同年10・15後楽園で復帰戦をおこなうことを発表。だが、9月14日に「化膿性関節炎」で復帰戦中止が発表された。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事