close

2021-02-20

【ボクシング】「花形初」か「四国初」か あす全日本新人王決定戦で矢斬と福永が激突

矢斬佑季(左)と福永宇宙

全ての画像を見る
第67回全日本新人王決定戦はあす21日、東京・後楽園ホールで行われる。無観客での開催となるが、ミニマム級からミドル級まで12階級の東西新人王が雌雄を決する。スーパーバンタム級では、花形ジム初の全日本新人王を狙う東日本の矢斬佑季と、四国初のかかる西日本の福永宇宙(黒潮)が激突。両選手が計量後にオンラインで会見した。

 過去3人の東日本新人王を輩出も全日本はまだ獲っていない花形ジムに、創立35年目で悲願を成就させようとしているのが29歳の矢斬(7勝4KO2敗)だ。派手さはないが、サウスポーからの巧みなコンビネーションと試合運びのうまさで勝ち上がってきた。今朝の計量は100グラムアンダーでパス。普段の体重も1~2キロオーバーと、もともと減量はほとんどしない主義で、これは試合も普段と同じ体重でやらなければ意味がないという考えによるという。

 会長、3人のトレーナーのバックアップを受け、同僚の元世界王者・木村翔とスパーリングする機会にも恵まれた。福永の印象は「ボクシングが綺麗でパンチも強そう。サウスポーの利点を活かし、とことん外したい」と分析。「お互いに背負っているものが大きいので、最後は気持ちの勝負になると思う」と決意を語った。

 対する福永(8勝4KO)は、地元高知で大きな期待を担う23歳。ハイレベルの攻防とハードパンチで高い評価を受けてきた。今朝の計量はリミット一杯でパス。今回から塩分量を勉強して計算通りに体重を落とし、回復も順調という。

 大阪で計3週間、70ラウンド近いスパーリングを重ね、初のサウスポー対策に備えてきた。矢斬については「前後の出入りがしっかりしていて、タイミングが独特」と評し、「相手を冷静に見て、行くときは行き、引くときは引く。人生の先輩としてすごいなと思う」と敬意を表した。もちろん試合となれば「互いに譲れない。楽しみながらも最後は自分が勝つ気持ちでやる」と必勝を期す。

写真/BBM

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事