close

2021-04-02

リフランスのリカバリーウェア夏用新作発表会で、義足のプロダンサー大前光市がおすすめのストレッチを披露

綿麻ワッフル2重ガーゼパジャマの6分袖を掲げる株式会社小島衣料、株式会社HLコーポレーションの代表取締役、石黒崇(右端)

全ての画像を見る
2018年よりリカバリーウェアを販売するリフランス(Liflance=Life+Balance)が2021年の夏用アイテム6種類を発表した。


①⑦綿麻ワッフル2重ガーゼパジャマ(①フルレングス/メンズ24,200円/4月下旬発売)、(⑦6分袖・8分丈/レディース22,000円/5月中旬発売)②2WAYネックカバーエアー(6,050円/4月6日発売)、③オープントゥソックス(4,950円/4月6日発売)、④ボタニカル除菌消臭ミスト(1,980円/4月20日発売)、⑤スリープマスク コンフォート(4,950円/発売中)、⑥コンフォートドライTシャツ レディース(12,100円/4月6日発売)

  2010年頃に登場したリカバリーウェアはアスリート向けのコンプレッションタイプが多く、一般のユーザーには締め付ける着圧タイプだと寝づらいという意見も多くあった。それに対して、2018年から(株)HLコーポレーションが手掛けるリフランスのウェアは、100%天然素材で肌に優しく、リラックスしてゆったりと着られる作りとなっている。

  その最大の秘密はシリカやトルマリンなど数種類の天然鉱石の混合体で、副交感神経に作用してリラックス状態に導く『プラシオン(R)』をコーティングした繊維や生地を使用していることだ。これを着用すると血流が促進され、筋肉がほぐれる効果も立証されているという。

 これらの商品はリフランスの公式サイトや東急ハンズの新宿店、渋谷店、町田店、広島店で販売されている。

  発表会の後半には義足のプロダンサーとしてリオ五輪の閉会式に登場したことでも知られており、自身もリフランスのリカバリーウェアを愛用する大前光市が登場。時間がないときにおすすめのストレッチ、オフィスで座ったままでもできるストレッチ、リラックス方法など日常の生活にも役立つ様々な健康法を披露した。

タグ:

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事