close

2021-12-02

サッカークリニック 1月号

2021年12月 6日発売
BBM0422201
B5判
定価  990円(税込)

Contents

SPECIAL FEATURES
【特集】「進化&深化するグループ戦術を知る」

PROLOGUE:「共有しておくべき『絵』が戦術」
小井土正亮(筑波大学蹴球部監督)

CLOSE UP 1:「ボール保持者に依存せず、周囲の選手もしっかりと要求。能動的な連係プレーが奏功する」
モラス雅輝(インスブルック=オーストリア/監督)

CLOSE UP 2:「『止める、蹴る』を磨き上げ、さらに選手の個性を活かす。それがグループ戦術の肝」
岩渕弘幹(山梨学院大学/監督)

CLOSE UP 3:「基本のシステムは変えない。個を活かした組み合わせがその年のグループ戦術になる」
蒲原晶昭(佐賀東高校/監督)

CLOSE UP 4:「攻撃と守備のパターンを覚え、ゲームで確認していく。この作業が日本では重要」
大塚一朗(富山第一高校/監督)

CLOSE UP 5:「スペースに関しては『空ける』と『使う』がある。その理解がグループ戦術の基礎」
有村圭一郎(神村学園高校/監督)

CLOSE UP 6:「迷ったときはサイド攻撃。確固たるスタイルを持てば、自信が生まれて応用も利く」
城福敬(仙台育英高校/監督)

CLOSE UP 7:「ポジションの役割を理解させるとやるべきプレーが明確になり、戦術的な動きにつながる」
守山真悟(RIP ACE SOCCER CLUB/監督)

[スペシャル・ゲーム分析 SPECIAL ANALYSIS]
スペイン人指導者が見た
U-24日本代表 vs U-24スペイン代表(東京オリンピック2020)
「戦術的な細部の設定が欠けていた」

連載 [SERIES]
サッカーがうまくなる「コンディショニングの教科書」
GKの指示やコミュニケーションを状況別に学ぶ「勝利に導く『神の声』」第8回「セットプレー(FK&PK)」
しなやかな心を育てる/第2回
ジュニア年代クラブ訪問(第107回)クラブ・ドラゴンズ柏
Q&Aシリーズ 勝つための栄養セミナー
トレーニング・レビュー
バックナンバー&次号予告&編集後記
巻末コラム「フットボールと選手育成」第13回

次号予告
2022年2月号(1月6日発売)

「3人目の動き」を考える

<特集ラインナップ>
・静岡学園高校
・神村学園高校
<特別企画>
スペイン人指導者が分析!
東京オリンピック
日本代表vsスペイン代表

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事