close

2022-01-21

【相撲編集部が選ぶ初場所13日目の一番】御嶽海、阿炎との2敗対決を制す

叩きにもついていった御嶽海が、左に回り込もうとする阿炎を押し出した

全ての画像を見る
御嶽海(押し出し)阿炎

照ノ富士、御嶽海、阿炎の3人が2敗で並び、三つ巴の争いとなった初場所。13日目は御嶽海と阿炎の直接対決が組まれた。過去の対戦は、突き押しの力士をさばくのがうまい御嶽海が7勝2敗とリードも、勢いは阿炎にある。

注目の一番は立ち合いから阿炎がモロ手で突き起こそうとするが、御嶽海の踏み込みがよく、下からはね上げて前に出る。阿炎は回転よく突っ張るも、御嶽海に左突き手をつかまれてリズムが狂うと、伸び上がるように叩いてしまう。御嶽海は叩きにしっかりとついていき、左に回り込もうとする阿炎を押し出し、2敗を守った。

敗れた阿炎は花道レポーターであるNHKアナの問いかけに、「相手の圧力が強くて引いてしまいました」と反省。御嶽海はリモート取材に応じず、国技館から引き揚げた。声を聞きたかったのだが、残り2日の勝負に集中したいのだろう。

もう1人の2敗の照ノ富士は関脇隆の勝と対戦。相手の右手をうまく手繰って崩し、左上手を取って寄り切った。照ノ富士もリモート取材を断り、優勝争いトップの2人のコメントはなし。ピリピリとした緊張感が伝わってくる。

14日目は御嶽海が宝富士と対戦。宝富士としては部屋の横綱の援護射撃をしたいところだ。照ノ富士は3敗となった阿炎と顔が合う。もし、阿炎が勝てば、もう1人の3敗である琴ノ若を含めて大混戦となる。

千秋楽の結びは照ノ富士と御嶽海で間違いないだろうし、こうなると共に皆勤しているのに2場所続けて照ノ富士と正代の一番が行われないことになる。こんな割は見たくないと言う人も多いかもしれないが、貴景勝が途中休場し今場所唯一の横綱-大関戦である。審判部にはこうならないように、後半戦の取組編成をよく考えていただきたい。

その正代は阿武咲に敗れて負け越しが決定。来場所は貴景勝と正代の2大関がカド番となる。2人とも陥落する可能性があるだけに、今場所後に御嶽海が大関に上がらないと大変なことになるかもしれない。

文=山口亜土

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事