close

2022-01-23

【相撲編集部が選ぶ初場所千秋楽の一番】御嶽海、V3果たし新大関昇進へ

モロ差しから一気に照ノ富士を寄り切り、3回目の賜盃と大関を手中にした御嶽海

全ての画像を見る
御嶽海(寄り切り)照ノ富士

御嶽海の単独トップで迎えた千秋楽。1差で追う阿炎と琴ノ若の一番は大熱戦となり、最後は阿炎が引き落として、巴戦進出の権利を得た。

結びは3敗の照ノ富士と2敗の御嶽海の直接対決。照ノ富士が勝てば巴戦にもつれ込む。御嶽海が勝てば、すんなり優勝が決まり、新大関昇進も確実だろう。

注目の一番は、右足から踏み込んだ照ノ富士が一歩押し込んだが、御嶽海は左に動きながら左おっつけを繰り出す。一度両者の体が離れたあと、御嶽海が飛び込んでモロ差し。照ノ富士が左手を伸ばして上手を狙うも、廻しを許さず、一気に寄り切った。安治川親方(元関脇安美錦)によると、照ノ富士はカカトを痛めていたそうだ。

関脇で3回目の優勝を決めた御嶽海は、「自分の相撲を取ることだけ考えていました。正面からしっかり当たって、動き切れればと思っていた。それほどプレッシャーはなかったんですけど、取組前は考えさせられることがあった。優勝とか大関を考えていました。場所前は審判部長(元横綱旭富士の伊勢ケ濱)が『全勝優勝なら』と言っていたので、大関昇進はないかもしれないと思っていた」と振り返る。

土俵下インタビュー中に、大関昇進を諮る理事会召集の要請が受理されたことを聞き、言葉に詰まる場面もあった。「こんなにうれしいものかなと思いました」と、そのときの心境を語った。「連続二ケタ勝利が目標」と言い続けていたのも、大関昇進の足掛かりをつくるため。それが一発で決められたのだから最高だ。

「15日間は長かったです。勝ってるときは短く感じるんですけど、今場所は長く感じて精神的に持つかなと思っていました」と言うが、敗戦の翌日にしっかり立て直し、連敗することなく集中し続けた。

本来なら貴景勝や朝乃山、正代よりも先に大関に上がっていなければいけなかった。関脇で初優勝したのが3年半前。次々と先を越され、「長かったです」としみじみ。現大関よりも安定感はあるので、もうひとつ上の地位を目指してほしい。

なお、今場所の三賞は殊勲賞に阿炎、敢闘賞に琴ノ若、技能賞に御嶽海が選ばれた。候補者が多く、選考は難しそうだったが、順当な結果と言えるだろう。

文=山口亜土

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事