close

2022-06-10

陸上競技マガジン 7月号

2022年 6月14日発売
BBM0272207
B5判
別冊付録共特別定価  1,390円(税込)

Contents

[別冊付録]
第98回箱根駅伝出場20校
2022-23シーズン全選手写真名鑑


都府県インターハイReport
オレゴン世界選手権代表 Close-up
ニッポン男子中距離特集

高校陸上2022 「夏」に向かってGo!
[好記録続出!]
●都府県インターハイDigest Report
大阪府/千葉県/山形県
兵庫県/愛知県/福岡県
鹿児島県/静岡県/長野県
熊本県 etc.

全41種目・種目別リポート

46都府県インターハイリザルト(入賞者一覧)

●Close-up Athlete 2022
北田瑠偉&渡邉瑛斗(大塚高3年・大阪/棒高跳)
友利晟弓(那覇西高3年・沖縄/円盤投)

●インターハイ注目チーム
東福岡高(福岡)

オレゴン世界選手権代表内定者
Close-up Interview
星 岳(コニカミノルタ/男子マラソン)
日本人トップを目指して思い切って走りたい

五島莉乃(資生堂/女子10000m)
初の大舞台だからこそ怖いもの知らずで挑戦したい

第106回日本選手権・第38回U20日本選手権・混成
女子はヘンプヒル恵(アトレ)が5年ぶり4度目、
男子は奥田啓祐(第一学院高教)が初の頂点に

日本選手権男子10000mトップスリー、オランダで標準記録突破に挑戦も及ばず

関東インカレ 9年ぶりの国立競技場開催!
男女共に投てき種目からの最優秀選手
男子MVP:奥村仁志(国士館大)、女子MVP:齋藤真希(東京女子体育大)

走幅跳4連覇&三段跳と二冠:高良彩花(筑波大)

男子スプリント:
栁田大輝(東洋大)、鵜澤飛羽(筑波大)

男子長距離種目ダイジェスト
1部・2部5000m、10000m、ハーフマラソン、3000mSC

男子総合優勝:日本大

女子総合優勝:日本体育大

中央大女子短長三冠

東洋大マイルリレー&中島佑気ジョセフ

2部MVP:メルドラム・アラン(東京農業大)

優勝者クローズアップ

関西インカレ
男女共に返り咲きの総合優勝
男子総合優勝:関西学院大
女子総合優勝:立命館大
優勝者クローズアップ

●展望
全日本大学駅伝関東選考会

箱根駅伝2023
国士館大

ニッポン男子中距離特集
Team Ambitionの取り組み
薄田健太郎(筑波大院)の練習法

長門俊介監督が解説
三浦龍司(順天堂大)の強化スケジュール~後編~

追悼・川本和久氏
「女子短距離指導の革命者」
日本記録を出した教え子5人が語る名将

新企画
新・アスリートの「ココロ&カラダ」講座
講師◎室伏由佳

ワールドニュース

オレゴン世界選手権
日本選手参加標準記録突破リスト

大国・アメリカの次世代を担うスーパースター候補
E・ナイトン、A・ムー、G・フィッシャー

■連載
寺田明日香の選択
実業団選手の1日の過ごし方 井下裕貴(川越市陸協/長距離)
高校生の1日の過ごし方 豊原健二郎(八千代高3年・茨城/円盤投)
金メダルレストラン
教えて! ルールQ&A
青春の火は燃ゆ(マスターズのページ)

■技術・トレーニング
陸上選手のためのコンディショントレーニング
T&F研究所情報便
秋本慎吾のスピードスターへの道
短距離――穴井伸也
中距離――吉岡利貢
長距離――谷口和隆
競歩――森岡紘一朗
100・110H――櫻井健一
走高跳――土屋 光
棒高跳――米原博章
走幅跳――坂部雄作
砲丸投――豊里 健
ハンマー投――田中 透
やり投――辻 弘雅

■ニュース・情報・話題ほか
information
バックナンバー&編集後記

■記録・リザルト
陸マガ記録室

陸連時報

次号予告
陸上競技マガジン2022年8月号は……7月14日(木)発売予定

日本選手権リポート&地区インターハイ詳報
オレゴン世界選手権代表決定&展望
白熱!全日本大学駅伝各地区選考会リポート
【付録】徳島インターハイガイド

※企画および内容はすべて予定。都合により変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

PICK UP注目の記事

PICK UP注目の記事

RELATED関連する記事