多くの地域で緊急事態宣言が解除され、徐々に学校やチーム活動も再開されていくことだろう。家でできるトレーニングを継続していた選手も、試合から遠ざかっていると情報処理能力や神経伝達の能力が低下し、いわゆる「体のキレ」が悪くなっている可能性がある。
 そこで、全身を使い、筋力向上とともに神経を賦活させることのできる自重トレーニングを紹介。体と脳を目覚めさせて、全力プレーに備えよう!
ベースボール・クリニック2019年2月号「野球脳力向上ドリル」に掲載されたものです。

監修◎小山啓太[群馬大学大学院医学系研究科研究員]

ジャンプシザーランジ

画像: (1)

(1)

画像: (2)

(2)

画像: (3)

(3)

前後に足を開き、深いランジ姿勢を取る。真上に高く跳び、空中で走るように足を素早く前後に動かす。着地するときはスタート同じ足の位置に戻し、深いランジ姿勢を取る。
各秒数で何回できたか記録し、より速く、多くできるようにチャレンジしよう。
スタミナ、下半身の筋力、体幹が鍛えられる。

<1セット>
45秒間→30秒間→20秒間→10秒間→5秒間(同間隔のインターバルを取る)

文責◎ベースボール・クリニック編集部

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年6月号


This article is a sponsored article by
''.