中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「令和2年東北地区高等学校野球宮城大会」は8月1日に決勝戦が行われ、仙台育英が仙台を8対2で破って優勝を飾った。

優勝は仙台育英

 選手登録は20人で試合ごとに変更可能な規定で行われた。優勝した仙台育英は8月9日に宮城(石巻市民)で行われる東北大会に出場する。

1回戦
泉松陵    7―2 多賀城
宮城広瀬   4―1 石巻好文館
富谷     13―0 宮城工 (5回コールド)

2回戦
村田     11―5 柴田農林
仙台向山   2―1 古川 (延長10回、10回はタイブレーク)
仙台一    2―1 小牛田農林 (延長10回、10回はタイブレーク)
東陵     7―0 仙台西 (7回コールド)
気仙沼向洋  9―3 泉
東北学院   7―6 宮城農
東北     9―2 東北生文大 (7回コールド)
登米     7―3 白石
佐沼     12―0 涌谷 (6回コールド)
築館     8―5 古川黎明
古川学園   9―7 東北学院榴ケ岡
石巻工    9―2 白石工 (7回コールド)
黒川     15―0 亘理 (5回コールド)
大崎中央   13―9 松島
仙台東    16―8 名取 (7回コールド)
黒川     15―0 亘理 (5回コールド)
仙台南    10―0 一迫商・岩ケ崎・岩出山 (6回コールド)
仙台育英   15―2 塩釜 (5回コールド)
聖和学園   5―3 仙台三
登米総産   16―1 志津川・石巻北 (5回コールド)
古川工    9―0 名取北 (7回コールド)
仙台城南   10―0 本吉響・宮城水産 (6回コールド)
泉館山    3―1 石巻西
仙台商    14―1 加美農 (5回コールド)
仙台     6―5 仙台二
柴田     9―0 日本ウェルネス宮城 (7回コールド)
角田     9―2 大河原商 (7回コールド)
仙台工    6―5 迫桜
仙台高専名取 5―4 富谷
気仙沼    10―3 石巻商
石巻     7―0 宮城広瀬 (8回コールド)
泉松陵    20―0 鹿島台商 (5回コールド)
利府     9―2 中新田 (8回コールド)

3回戦
仙台育英   9―1 聖和学園 (7回コールド)
仙台商    6―3 泉館山
東陵     7―0 気仙沼向洋 (8回コールド)
気仙沼    11―10 仙台工 (延長10回、10回はタイブレーク)
仙台一    8―1 村田 (7回コールド)
仙台     11―2 仙台城南
古川工    11―2 登米総産 (7回コールド)
仙台南    6―4 石巻工 (延長10回、10回はタイブレーク)
登米     6―2 仙台向山
利府     11―1 泉松陵 (6回コールド)
仙台東    10―3 築館 (8回コールド)
柴田     13―1 仙台高専名取 (5回コールド)
東北学院   7―2 古川学園
東北     11―1 黒川 (5回コールド)
佐沼     4―1 大崎中央
石巻     5―1 角田

4回戦
仙台育英   11―0 気仙沼 (5回コールド)
東陵     5―0 仙台商
仙台一    7―0 登米 (8回コールド)
利府     6―2 仙台南
仙台     10―3 佐沼 (7回コールド)
古川工    7―4 仙台東 (延長10回、10回はタイブレーク)
柴田     5―4 東北学院
東北     5―2 石巻

準々決勝
仙台育英   4―3 柴田
東陵     3―0 東北
仙台一    5―3 古川工
仙台     5―1 利府

準決勝
仙台育英   7―1 仙台一
仙台     4―1 東陵

決勝
仙台育英   8―2 仙台

画像: 優勝は仙台育英

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.