中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「山形県高等学校野球大会2020」は8月1日に決勝戦が行われ、鶴岡東が東海大山形を9対4で破って優勝を飾った。

優勝は鶴岡東

 16強を決める1、2回戦は村山、置賜、最北、庄内の4地区で分散開催。新庄南高・安食音歩さんによるキャッチフレーズ「切り開く新時代、2020夏。」の下、熱戦がくり広げられた。

村山地区予選
1回戦
山本学園  5―0 上山明新館
寒河江工  10―3 左沢 (7回コールド)
山形南   4―1 創学館
寒河江   16―0 天童 (5回コールド)
代表決定戦
山形城北  7―0 谷地 (7回コールド)
山形学院  17―2 山形明正 (5回コールド)
日大山形  9―0 山形東 (7回コールド)
山形商   7―0 山本学園
山形中央  13―3 寒河江工 (6回コールド)
東海大山形 8―0 山形南 (7回コールド)
山形工   7―2 寒河江

置賜地区予選
1回戦
米沢東   22―0 置賜農 (5回コールド)
米沢興譲館 15―0 長井工・荒砥 (5回コールド)
米沢工   5―0 米沢商
米沢中央  12―0 高畠 (6回コールド)
長井    11―0 南陽 (5回コールド)
代表決定戦
九里学園  18―1 米沢東 (5回コールド)
米沢興譲館 9―2 米沢中央 (7回コールド)
米沢工   5―3 長井

最北地区予選
1回戦
新庄神室産 8―6 東桜学館
村山産   9―0 北村山・新庄南 (7回コールド)
代表決定戦
新庄神室産 4―3 新庄東
村山産   8―6 新庄北

庄内地区予選
1回戦
酒田東   8―1 酒田西 (7回コールド)
鶴岡工   14―0 庄内総合 (6回コールド)
代表決定戦
鶴岡東   25―0 鶴岡中央 (5回コールド)
羽黒    7―0 鶴岡南 (7回コールド)
酒田南   8―0 酒田東 (7回コールド)
酒田光陵  8―3 鶴岡工

県大会
1回戦
山形学院  13―1 新庄神室産 (7回コールド)
山形中央  9―5 酒田光陵
日大山形  4―2 山形城北
山形工   10―1 村山産 (7回コールド)
九里学園  7―3 山形商
東海大山形 8―0 米沢工 (7回コールド)
鶴岡東   8―1 米沢興譲館 (7回コールド)
羽黒    8―5 酒田南

準々決勝
鶴岡東   13―6 羽黒
山形中央  10―3 山形学院
日大山形  6―5 山形工
東海大山形 13―3 九里学園 (6回コールド)

準決勝
鶴岡東   8―1 山形中央 (7回コールド)
東海大山形 4―2 日大山形

決勝
鶴岡東   9―4 東海大山形

画像: 優勝は鶴岡東

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.