中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「がんばれ福岡2020」は8月3日に全日程が終了。各地区、飯塚(福岡中央地区)、福岡(福岡地区)、西日本短大付(筑後地区)、九州国際大付(北九州地区)が頂点に立った。

飯塚、福岡、西日本短大付
九州国際大付が地区優勝

 大会は福岡地区、福岡中央地区、北九州地区、筑後地区の4地区に分けて行われた。10回以降タイブレーク。筑後地区1次予選は7回制で行った。
 また、大会に参加できない学校による「がんばろう福岡2020筑後地区高校野球交流大会」も開催された。

福岡中央地区
1回戦
東海大福岡 1―0 玄界
嘉穂    13―0 西田川(7回コールド)
宗像    5―0 苅田工
飯塚    30―1 行橋・遠賀(5回コールド)
鞍手竜徳  6―5 鞍手
育徳館   11―3 築上西(7回コールド)
福岡水産  15―8 稲築志耕館
希望が丘 不戦勝 須恵
古賀竟成館 16―1 田川科学技術(6回コールド)
新宮    39―1 筑豊(5回コールド)
光陵    7―0 近大福岡(7回コールド)
大和青藍  8―5 嘉穂東
中間    4―0 嘉穂総合
直方    10―1 青豊(7回コールド)
京都    6―5 田川(延長10回)
福岡魁誠  9―0 東鷹(7回コールド)
2回戦
東海大福岡 4―2 古賀竟成館
福岡水産  9―2 嘉穂
新宮    9―8 宗像(延長10回)
飯塚    5―2 希望が丘
光陵    7―0 鞍手竜徳(8回コールド)
大和青藍  11―4 中間(8回コールド)
育徳館   2―1 直方
福岡魁誠  5―2 京都
準々決勝
東海大福岡 11―0 福岡水産(7回コールド)
飯塚    5―0 新宮
福岡魁誠  3―0 育徳館(8回表1死降雨コールド)
光陵    4―0 大和青藍
準決勝
飯塚    7―6 東海大福岡(延長10回)
福岡魁誠  3―2 光陵
決勝
飯塚    11―3 福岡魁誠

福岡地区
1次予選
福岡工   8―0 筑紫中央
福岡西陵  11―1 玄洋
太宰府   5―2 玄洋
福岡西陵  9―0 太宰府
沖学園   4―3 武蔵台
香椎    15―0 筑紫丘
九産大九産 4―3 博多
博多    5―4 福岡中央
九産大九産 10―3 福岡中央(7回コールド)
筑紫    8―6 武蔵台(延長10回)
香椎    12―7 筑紫台
筑紫台   9―5 筑紫丘
香椎工   6―5 福翔
筑前    14―4 香椎工(6回コールド)
博多工   7―0 柏陵(7回コールド)
九産大九州 10―0 柏陵(6回コールド)
九産大九州 6―5 博多工
純真    6―3 福岡常葉
修猷館   19―0 福岡常葉(5回コールド)
修猷館   8―1 純真(8回コールド)
糸島    8―4 香住丘
香住丘   6―2 糸島
福岡農   11―1 福岡大若葉(5回コールド)
福翔    3―2 筑前
沖学園   7―1 筑紫
筑陽学園  7―3 福岡第一
福岡第一  3―2 福岡
福岡    7―4 筑陽学園
東福岡   12―5 早良(7回コールド)
中村学園三陽7―4 早良
東福岡   13―4 中村学園三陽(7回コールド)
福岡講倫館 11―8 福岡農
福岡講倫館 10―1 福岡大若葉(7回コールド)
筑紫中央  8―1 福岡舞鶴(8回コールド)
福岡工   7―0 福岡舞鶴(7回コールド)
福岡工大城東9―1 西南学院(7回コールド)
春日    26―2 城南(5回コールド)
福岡大大濠 7―0 城南(7回コールド)
福岡大大濠 8―5 春日
1回戦
博多    5―2 早良
福岡第一  21―0 福岡常葉(5回コールド)
筑紫丘   10―6 玄洋
糸島    5―1 香椎工
西南学院  4―3 城南
武蔵台   10―3 福岡大若葉(7回コールド)
福岡舞鶴  7―6 柏陵(延長10回)
春日    7―0 福岡中央(8回コールド)
2回戦
九産大九州 9―1 福岡農(7回コールド)
福岡工大城東12―7 筑陽学園
香椎    10―3 中村学園三陽(7回コールド)
筑紫台   15―5 筑紫中央(5回コールド)
筑前    3―2 博多
福岡工   14―2 西南学院(6回コールド)
糸島    3―2 沖学園
福岡大大濠 8―0 純真(8回コールド)
東福岡   5―1 筑紫丘
香住丘   5―0 太宰府
福岡    8―0 武蔵台(7回コールド)
九産大九産 4―1 博多工
春日    2―1 修猷館
筑紫    5―4 福翔
福岡第一  3―0 福岡西陵
福岡講倫館 3―2 福岡舞鶴
3回戦
春日    10―0 筑紫(5回コールド)
福岡大大濠 5―1 東福岡
福岡工   5―1 香椎
九産大九州 2―1 筑前
福岡    6―1 香住丘
糸島    4―3 筑紫台
九産大九産 7―5 福岡講倫館
福岡工大城東4―0 福岡第一
準々決勝
九産大九州 4―3 福岡工大城東
春日    8―1 九産大九産(7回コールド)
福岡大大濠 15―8 糸島(8回コールド)
福岡    10―9 福岡工
準決勝
福岡大大濠 3―0 九産大九州
福岡    9―8 春日
決勝
福岡    4―3 福岡大大濠

筑後地区
1次予選
西日本短大付8―3 八女
大牟田   19―0 朝倉光陽
祐誠    2―0 福島
久留米商  8―2 八女農
三潴    3―1 三井
南筑    6―4 八女工
八女    7―0 久留米高専
大牟田   6―0 浮羽究真館
福島    9―5 大川樟風
八女農   7―3 朝倉
三井    10―4 久留米学園
柳川    13―0 久留米筑水(6回コールド)
久留米商  13―1 朝倉(5回コールド)
西日本短大付8―0 久留米高専
大川樟風  6―3 祐誠
浮羽究真館 12―1 朝倉光陽(5回コールド)
南筑    13―0 久留米筑水(5回コールド)
柳川    4―3 八女工
三潴    9―4 久留米学園
1回戦
柳川    3―1 八女
三潴    5―2 八女農
祐誠    4―1 福島
三井    8―1 浮羽究真館(7回コールド)
2回戦
大牟田   5―0 柳川
西日本短大付7―0 三潴(8回コールド)
祐誠    3―2 南筑
久留米商  5―1 三井
準決勝
西日本短大付1―0 大牟田
久留米商  5―0 祐誠
決勝
西日本短大付3―1 久留米商

北九州地区
1回戦
北九州市立  3―1 若松
八幡     4―3 北九州
八幡南    10―4 常磐
折尾     11―4 若松商(7回コールド)
自由ケ丘   8―1 豊国学園(7回コールド)
九州国際大付 7―0 戸畑(7回コールド)
慶成     8―1 小倉商(7回コールド)
北筑     11―4 小倉東(8回コールド)
小倉工    17―0 小倉西(5回コールド)
八幡工    5―3 折尾愛真
八幡中央   9―8 門司大翔館(延長11回)
真颯館    7―2 小倉
東筑     16―9 高稜(7回コールド)
門司学園   11―1 東筑紫学園(7回コールド)
星琳     11―2 北九州高専(7回コールド)
戸畑工    9―2 小倉南(7回コールド)
2回戦
北九州市立  5―3 八幡
八幡南    3―2 折尾
自由ケ丘   3―0 八幡工
九州国際大付 15―4 慶成(7回コールド)
北筑     8―2 八幡中央
真颯館    8―4 東筑
門司学園   3―2 小倉工
戸畑工    7―4 星琳
準々決勝
北九州市立  5―4 八幡南(延長10回)
九州国際大付 5―1 自由ケ丘
真颯館    10―8 北筑
門司学園   5―4 戸畑工(延長10回)
準決勝
九州国際大付 6―1 北九州市立
真颯館    5―4 門司学園(延長10回)
決勝
九州国際大付 10―7 真颯館

筑後地区交流大会
三池工 22―1 浮羽工
三池工 23―1 輝翔館・ありあけ新世
小郡   6―5 明善
山門   5―1 大牟田北

画像: 飯塚、福岡、西日本短大付 九州国際大付が地区優勝

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.