中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「令和2年度島根県高等学校夏季野球大会」は8月4日に決勝戦が行われ、益田東が立正大淞南を10対5で破って優勝を飾った。

優勝は益田東

 トーナメント方式だが、県を東部、中部、西部に分けて、1、2回戦を分散で開催。勝ち上がった16校による3回戦であらためて抽選を行った。延長10回以降はタイブレーク制で勝敗を決した。

1回戦
安来    11―4 情報科学(8回コールド)
松江東   2―1 松江農林
立正大淞南 3―0 松江商
三刀屋   9―2 出雲工
大東    3―2 出雲農林
邇摩    8―1 出雲北陵(7回コールド)
益田    10―0 浜田水産(6回コールド)

2回戦
江津工   8―0 浜田商(7回コールド)
松江西   6―5 松江高専(延長10回)
開星    13―2 松江南(5回コールド)
出雲    7―3 出雲商
大社    8―1 大田
益田東   9―3 益田翔陽
石見智翠館 14―8 浜田
津和野   9―2 江津(8回コールド)
松江東   3―2 隠岐
安来    5―3 松江北
立正大淞南 9―0 松江工(7回コールド)
三刀屋   3―2 出雲西(延長11回)
大東    8―7 飯南(延長11回)
平田    11―4 邇摩(7回コールド)
島根中央  11―2 明誠(7回コールド)
矢上    15―0 益田(5回コールド)

3回戦
開星    4―3 松江西
平田    15―2 江津工(5回コールド)
安来    12―5 津和野
三刀屋   6―5 大社(延長10回)
立正大淞南 7―0 出雲(7回コールド)
石見智翠館 11―1 大東(7回コールド)
矢上    9―2 島根中央(7回コールド)
益田東   9―2 松江東

準々決勝
開星    4―1 平田
三刀屋   3―2 安来
立正大淞南 6―1 石見智翠館
益田東   1―0 矢上

準決勝
立正大淞南 7―6 開星(延長10回)
益田東   4―1 三刀屋

決勝
益田東   10―5 立正大淞南

画像: 優勝は益田東

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.