中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「令和2年夏季北海道高等学校野球大会(北北海道)」は8月11日に決勝戦が行われ、クラーク国際が旭川龍谷を10対0で破って優勝を飾った。

優勝はクラーク国際

 ベンチ入りメンバーは学年にかかわらず、試合ごとの入れ替えを可能にした。延長10回以降はタイブレーク。

釧根地区
Aブロック
1回戦
釧路商・白糠・阿寒・根室 9―0 霧多布 (7回コールド)
釧路江南 4―0 中標津
2回戦
武修館  18―1 釧路商・白糠・阿寒・根室 (5回コールド)
釧路工  3―0 釧路江南
代表決定戦
武修館  4―3 釧路工
Bブロック
1回戦
釧路北陽 7―0 羅臼 (7回コールド)
釧路湖陵 12―2 釧路明輝 (5回コールド)
2回戦
釧路北陽 2―1 別海
釧路湖陵 10―0 厚岸翔洋 (5回コールド)
代表決定戦
釧路湖陵 9―2 釧路北陽 (7回コールド)

旭川地区
Aブロック
2回戦
旭川実  8―0 旭川高専 (7回コールド)
富良野  8―3 旭川工
代表決定戦
旭川実  13―0 富良野 (7回コールド)
Bブロック
1回戦
羽幌   7―6 旭川農
2回戦
旭川北  19―0 東川 (5回コールド)
旭川永嶺 15―1 羽幌 (5回コールド)
代表決定戦
旭川永嶺 8―1 旭川北 (7回コールド)
Cブロック
2回戦
旭川大  3―2 旭川商
旭川東  10―0 上川 (5回コールド)
代表決定戦
旭川大  12―9 旭川東
Dブロック
1回戦
旭川西  7―5 留萌
2回戦
旭川明成 5―2 旭川西
旭川龍谷 8―1 旭川南 (7回コールド)
代表決定戦
旭川龍谷 7―4 旭川明成

北見地区
Aブロック
1回戦
紋別    9―0 女満別・斜里 (8回コールド)
網走桂陽  5―4 美幌
2回戦
北見工   5―1 紋別
網走南ケ丘 14―3 網走桂陽 (5回コールド)
代表決定戦
北見工   9―1 網走南ケ丘 (7回コールド)
Bブロック
1回戦
北見北斗  14―3 津別・訓子府・清里 (6回コールド)
北見柏陽  10―1 北見商 (7回コールド)
2回戦
北見緑陵  4―3 北見北斗 (延長10回)
遠軽    10―3 北見柏陽 (7回コールド)
代表決定戦
北見緑陵  10―8 遠軽

十勝地区
Aブロック
2回戦
帯広三条 2―1 帯広緑陽
帯広北  15―1 池田 (5回コールド)
代表決定戦
帯広三条 5―2 帯広北
Bブロック
1回戦
鹿追   8―3 音更
2回戦
足寄   12―1 鹿追 (6回コールド)
帯広農  13―3 帯広南商 (6回コールド)
代表決定戦
帯広農  12―0 足寄 (5回コールド)
Cブロック
1回戦
芽室   8―4 更別農・士幌・大樹・広尾・幕別清陵
2回戦
帯広工  6―1 芽室
帯広大谷 8―1 本別 (7回コールド)
代表決定戦
帯広大谷 4―0 帯広工
Dブロック
2回戦
江陵   11―1 清水 (5回コールド)
白樺学園 7―0 帯広柏葉 (8回コールド)
代表決定戦
白樺学園 9―0 江陵 (7回コールド)

空知地区
Aブロック
1回戦
栗山    8―7 月形・砂川・夕張
滝川    13―0 岩見沢西 (5回コールド)
2回戦
滝川西   10―3 栗山 (7回コールド)
滝川    11―4 芦別 (8回コールド)
代表決定戦
滝川    5―3 滝川西
Bブロック
1回戦
岩見沢農  7―0 滝川工 (7回コールド)
深川西   6―5 岩見沢東
岩見沢緑陵 7―3 美唄尚栄
2回戦
クラーク国際10―2 岩見沢農 (7回コールド)
岩見沢緑陵 6―5 深川西
代表決定戦
クラーク国際12―0 岩見沢緑陵 (5回コールド)

名寄地区
Aブロック
1回戦
稚内大谷  10―0 天塩・名寄産 (5回コールド)
士別翔雲  12―5 稚内 (7回コールド)
代表決定戦
士別翔雲  9―5 稚内大谷
Bブロック
1回戦
豊富    8―6 名寄 (延長10回)
枝幸    19―0 浜頓別 (5回コールド)
代表決定戦
枝幸    7―6 豊富

北北海道大会
1回戦
釧路湖陵   6―5 北見工
旭川実    15―0 滝川 (7回コールド)
帯広大谷   7―2 士別翔雲
旭川龍谷   6―5 帯広農
北見緑陵   9―1 枝幸 (8回コールド)
クラーク国際 8―6 白樺学園
帯広三条   4―2 旭川大
武修館    6―2 旭川永嶺
準々決勝
旭川実    10―0 釧路湖陵 (5回コールド)
旭川龍谷   9―6 帯広大谷
クラーク国際 13―3 北見緑陵 (5回コールド)
武修館    8―5 帯広三条
準決勝
旭川龍谷   11―2 旭川実 (7回コールド)
クラーク国際 10―0 武修館 (6回コールド)
決勝
クラーク国際 10―0 旭川龍谷

画像: 優勝はクラーク国際

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年8月号


This article is a sponsored article by
''.