中止となった第102回全国高校野球選手権大会の代替で行われた「令和2年度香川県高等学校野球大会」は8月13日に決勝戦が行われ、尽誠学園が高松商を5対0で破って優勝を飾った。

優勝は尽誠学園

 ベンチ入りは20人で3年生に限っては試合ごとに変更を可能にした。タイブレークは延長11回より。

1回戦
坂出   3―1 寒川
高松西  11―8 善通寺一
高松一  3―2 志度
丸亀城西 10―5 多度津
高松商  10―1 高松東 (7回コールド)
高松南  4―3 香川高専高松

2回戦
観音寺一 3―1 丸亀
尽誠学園 8―1 三本松 (8回コールド)
小豆島中央6―5 香川中央
高松桜井 12―2 笠田 (5回コールド)
大手前高松8―1 高松中央 (8回コールド)
高松   15―2 石田 (5回コールド)
丸亀城西 7―0 三木 (7回コールド)
高松北  15―5 琴平 (6回コールド)
高松工芸 4―0 香川高専詫間
英明   11―1 坂出商 (5回コールド)
高松西  11―8 高瀬 (延長10回)
藤井   5―3 四国学院大香川西
坂出工  4―3 高松一
高松南  8―1 観音寺総合 (7回コールド)
坂出   5―3 津田
高松商  14―2 飯山 (5回コールド)

3回戦
尽誠学園 8―0 高松 (7回コールド)
大手前高松1―0 小豆島中央
英明   13―6 高松北
高松桜井 4―3 坂出工
藤井   5―3 観音寺一
高松南  5―4 高松工芸
高松商  6―0 坂出
丸亀城西 14―2 高松西 (7回コールド)

準々決勝
尽誠学園 11―4 高松桜井 (8回コールド)
大手前高松4―0 高松南
高松商  7―2 英明
丸亀城西 10―3 藤井 (8回コールド)

準決勝
尽誠学園 15―0 丸亀城西 (5回コールド)
高松商  10―6 大手前高松

決勝
尽誠学園 5―0 高松商 

画像: 優勝は尽誠学園

おすすめ記事

ベースボール・クリニック 2020年9月号


This article is a sponsored article by
''.