「ベースボールカード」といえば、これ! 4月に発売した「1stバージョン」に続くシーズン第2弾として登場するのが、この2ndバージョン。盛り上がるシーズンの戦いぶりを凝縮したカードで、夏からの選手たちの活躍を楽しもう!

レギュラーカードは超レアな
「ウルトラシークレット版」を探してみよう!
メモラビリアカードに
近本光司&辰己涼介の即戦力ルーキーコンビが登場

 プロ野球の優勝争いが盛り上がっている絶好のタイミングで、BBMカードも「2ndバージョン」が発売されました。

 例年、何かしらの新要素を入れてカードファンを楽しませてくれるアイテムですが、今年はレギュラーカードの写真違いとなるシークレット版に加えて、さらに出現率が低いウルトラシークレット版が初登場しました。

 注目度が上がっている始球式カードは過去最多の21種を数え、バラエティーに富んだラインアップが楽しめます。インサートカードも今年から3つに増えるなど、コレクションの楽しみが大きくアップ。オールスターでサイクル安打を達成した近本光司選手のメモラビリアカードや“台湾の大王”こと王柏融選手の直筆サインカードなど、カードファンならずとも手に入れたくなるようなお宝カードも目白押しです。

 暑い夏に「2ndバージョン」を開封して、さらにヒートアップしちゃってください!

2019年8月発売
全コレクション 407種
1パック(8枚入り) 価格(本体300円+税)
1ボックス(20パック入り) 価格(本体6,000円+税)

LINE UP

☆レギュラーカード☆
□1stバージョンアップデート 36種
□レギュラー 216種
※上記2種合わせて、各チーム6選手に銀箔、金箔(100枚限定)、ホロ箔(50枚限定)、赤箔(25枚限定)、緑箔(10枚限定)の箔サインパラレル版あり
□チームチェックリスト 12種
□CROSS SUNRISE 36種
※100枚限定の金紙版、ホロ加工+ホロ箔押しの1of1パラレルあり
□始球式カード 21種
※200枚限定の銀紙版、100枚限定の金紙版、50枚限定のホロ銀紙版、25枚限定のホロ金紙版、14種に直筆サイン版あり

☆インサートカード☆
□FRANCHISE BUILDER 12種
※150枚限定のホロ紙版、50枚限定の特殊ホロ紙版あり
□YOUNG CORE 12種
※50枚限定のラメ版あり
□PHANTOM 12種
※25枚限定

☆スペシャルインサート☆
□メモラビリアカード 3種
※通常版は各200枚限定。各20枚限定のパッチ版、20枚限定のコンボ版、5枚限定のコンボパッチ版あり
□クロス直筆サインカード 40種
□スペシャル直筆サインカード 7種

※チェックリスト、直筆サインカードの種類・枚数は下記をご覧ください

Voice from Editor ウルトラシークレット版に挑戦!

 コレクションの小さな楽しみとしてカードファンから好評をいただいてきたシークレット版。出現率は約20パックに1枚で、1ボックスから1枚程度の出現率でしたが、12種と種類数が多いため、コンプリートするのはなかなかの難易度でした。

 この「2ndバージョン」から登場したウルトラシークレット版はさらに出現率が低く、なんと約200パックに1枚。使用する写真にもこだわり、『週刊ベースボール』のインタビュー記事などで掲載されたポーズ写真を多く採用しています。

 レギュラーカードにも一見するとシークレット版かと思うような珍しい構図の写真をいくつか仕込んでいます。リストをよく確認して、ウルトラシークレット版を探してみてください!

画像: No.472 浅村栄斗(楽) ウルトラシークレット版

No.472 浅村栄斗(楽) ウルトラシークレット版

カード紹介

〈レギュラーカード 1stバージョンアップデート版(各球団3名)〉

「1stバージョン」ではレギュラーに収録されなかった選手を同じデザインでカード化しています。箔サインパラレルはもちろん、シークレット版、ウルトラシークレット版に起用されている選手もいるので、要チェックです。

 カード番号は「1stバージョン」からの続き番号になっているので、継続してコレクションをお楽しみください。

〈レギュラーカード レギュラー 216種(各球団18名)〉

 今年のレギュラーカードはシンプルを心掛けつつ、右角の背番号をアクセントにして、選手名の下には雲をモチーフとしたデザイン柄を配することで夏らしさも出してみました。

 シークレット版とウルトラシークレット版は各球団1種。箔サインパラレルは1stアップデート版と合わせて1球団6種で、銀箔(1/7パック)、金箔(各100枚限定)、ホロ箔(50枚限定)、赤箔(25枚限定)、緑箔(10枚限定)の5段階が設定されています。シークレット版に箔サインパラレルはありますが、ウルトラシークレット版にはありませんので、ご注意ください。

〈レギュラーカード チームチェックリスト 12種(各球団1種)〉

 チームチェックリストはシーズン序盤の印象的なシーンをピックアップしてみました。「平成」から「令和」に時代が変わったシーズンならではの1枚もありますよ。デザインは、レギュラーで採用された雲のイメージがチェックリストでも展開されています。

〈レギュラーカード CROSS SUNRISE 36種(各球団3名)〉

「1stバージョン」から引き続きとなる日の出をモチーフとしたサブセット。デザインは1stと共通ですが、こちらは今季からの移籍選手やルーキー、序盤戦で活躍した選手を中心にリストアップされています。オールスターでも大活躍した阪神・近本光司選手は要チェックですね。各100枚限定の金紙版とホロ紙にホロ箔押しの1of1パラレルもあります。

〈レギュラーカード 始球式カード 13種〉

 年々規模を拡大し、注目度も上がってきている始球式カード。今年は過去最多となる21種がラインアップされています。卓球の張本智和選手、スキージャンプの小林陵侑選手といった世界レベルの一流アスリート、今をときめく人気女優やアイドルからお笑いタレント、キャスター、モデル、囲碁棋士、そして幽霊(?)と、かつてないほど豪華な顔ぶれがそろいました。

 パラレルも今年から金紙版が追加され、200枚限定の銀紙版、100枚限定の金紙版、50枚限定のホロ銀紙版、25枚限定のホロ金紙版の4段階にグレードアップしています。さらに14種には直筆サイン版も限定封入。新日本プロレスの棚橋弘至選手はBBMカード公式ツイッターで公開したようにインスクリプション違いで4種類があるので、要チェックですね!

〈インサートカード FRANCHISE BUILDER〉

「FRANCHISE BUILDER」とは米スポーツにおいて、フランチャイズチームで生え抜きとして育った中心選手を表現するときに用いられる言葉で、その名の通り各チームを代表する生え抜きスター選手を選んでみました。

 背景には昨年の「REAL DEAL」に続いて12球団の球場写真を敷いていますが、今年は横位置のデザインを採用することで、よりスタジアムの広さを表現しています。通常版は金紙仕様でボックスから約3枚出現。各150枚限定のホロ紙版と各50枚限定の特殊ホロ紙版があります。

〈インサートカード YOUNG CORE〉

 近い将来、チームの核になる若手選手にクローズアップしたインサートカードは、輝きが強く、柄のはっきりした特殊ホロ紙を使ったことで高級感もバッチリ。通常版のオッズはボックスから約1枚と出現率がやや下がり、コレクションの楽しみに幅が出ています。各25枚限定のラメ版は、プレー写真とタイトルや選手名などのネーム周りの他はすべてラメ加工を施しています。光沢の違いをお楽しみください。

〈インサートカード PHANTOM〉

 昨年から「2ndバージョン」にも封入された高級インサート「PHANTOM」が、今年も各25枚限定で封入されます。金箔押しの加工はチームパックと共通ですが、背景の差し色に夏らしいブルーが使われ、清涼感もアップ。プレーと表情を別の写真にすることでもチームパック版と差別化を図りました。難易度はかなり高いですが、人気選手ぞろいなので、ぜひゲットしてください!

〈スペシャルインサートカード メモラビリアカード 3種〉

 今年のメモラビリアカードには、前半戦を沸かせた阪神・近本光司選手と楽天・辰己涼介選手の即戦力ルーキーが登場!

 高校はともに兵庫県の社高で、近本選手が野球部で3年生の時に辰己選手が1年生だったという先輩・後輩の間柄。さらに大学時代は関西学生リーグでライバルとしてしのぎを削りあうなど、アマ時代から何かとゆかりのある2人なので、コンボメモラは激アツでしょう!

 通常版は各200枚限定で、パッチ版は各20枚枚限定。コンボ版は20枚限定でコンボパッチ版が5枚限定になります。

〈スペシャルインサートカード クロス直筆サインカード 40種〉

 クロス直筆サインカードは40種を用意。各球団のスター選手はもちろんですが、外国人選手も多めにラインアップしたのが「2ndバージョン」の特徴です。注目は何といっても台湾でも話題沸騰の日本ハム・王柏融選手。ホロ加工のスペシャル版は7種が制作されています。

開封動画はこちら!

YouTubeのBBM公式チャンネル、ぜひ登録をお願いします!

画像: 公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【122】2019 BBMベースボールカード 2ndバージョン youtu.be

公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【122】2019 BBMベースボールカード 2ndバージョン

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.