BBMカードですっかりおなじみとなった、始球式カード。近年、特にこのカードへの注目が高まっています。BBMがこれまでリリースしてきた始球式カードの歴史をたどるとともに、全リストも公開します!

始まりは2004年

 2004年からスタートして、今やBBMカードの名物としてすっかり定着した感のある始球式カード。普段はなかなかカード化されることのない著名人やタレントが始球式に登板した姿をとらえた1枚は、これまでカードに興味がなかったようなファンも巻き込み、年々注目度が高まってきている。

 種類数も増え続け、今年は過去最多となる21種がカード化。過去には『スポーツカード・マガジン』の付録カードで制作されたほか、16年からはシーズン総まとめのコンセプトを持つ「FUSION」にも封入されるようになり、今年の「2ndバージョン」までで、実に197種類が制作されているのだ。

「2ndバージョン」のサブセットに始球式カードが定着する始まりとなった04年は、現役時代に「打撃の神様」と呼ばれ、監督としても巨人をV9に導いた川上哲治さんをはじめ、4種のうち3種までがプロ野球で偉大な功績を残したプロ野球界の“レジェンド”たちで占められていた。翌05年には、元西鉄・池永正明さんの35年ぶりの復権登板もカード化されたが、ヒストリックコレクションシリーズなどで取り上げる機会が増えてきた影響もあり、OBの始球式カードは少しずつ減少していく。代わりに台頭してきたのが、他ジャンルのスポーツ選手やお笑い芸人、女性タレントたちだ。

 05年には女性タレントとして初めて小倉優子さんと黒谷友香さんが登場。ケミストリーの堂珍嘉邦さんが広島市民球場で登板した際には、実際に投げた堂珍さんではなく、始球式用にボールを届けるボール犬のミッキーがカード化され、こちらも話題になった。

 06年は15種と一気に種類数が増え、大相撲の横綱・白鵬関、トリノ五輪のメダリスト・荒川静香さん、岡崎朋美さん、K-1ファイターの武蔵選手といった一流アスリートから、お笑い界のレジェンド・萩本欽一さん、人気グラビアアイドルのほしのあきさんらが収録され、現在に近いバラエティーに富んだラインアップ構成の基礎が確立された。

 07年にはオスカープロモーション所属の上戸彩さんが初登場。その後、米倉涼子さん、武井咲さん、剛力彩芽さん、中村静香さん、藤田ニコルさんら毎年のようにカード化されている“オスカー美女軍団”の先鞭となる。

 北京五輪の開催された08年には、女子ソフトボールで金メダルの立役者となったエース・上野由紀子投手が登板して話題に。10年のバンクーバー五輪で銅メダルを獲得したフィギュアスケートの高橋大輔選手もその年の「2ndバージョン」でカード化されており、06年の荒川さん、岡崎朋美さんから続く、冬季五輪のメダリストが始球式に招待され、そのカード化を実現していくパターンは、昨年の小平奈緒選手、髙木菜那、美帆姉妹にも生かされることになった。

夫婦で始球式カードに登場
貞子、国民栄誉賞、ももクロ、
そして浜辺美波

 11年には当時人気絶頂だったAKBグループからSKE48の高柳明音さんが初めて始球式でカード化され、エポックメーキングに。また、声優界からも“初参戦”があり、人気アニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』でヒロイン役を務める三森すずこさんのカードには、アニメファンからも熱視線が送られることになった。ちなみに、三森さんは今年1月に新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手と結婚。そのオカダ選手も今年の「2ndバージョン」で始球式カードに登場しており、夫婦で始球式カードが制作された初のケースになった。

 ノンシリアルながらキラ加工を施したパラレル版が始球式カードで初めて制作された12年には、人気ホラー映画のキャラクター・貞子が“衝撃デビュー”。今年の「2ndバージョン」でも4度目の登場を果たすなど、貞子はこのシリーズで常連の一人となっている。同じく今年の2ndには女優の木村多江さんも収録されているが、木村さんはテレビドラマで貞子役を演じた経験もあり、思わぬ共演(?)となった。

 13年には国民栄誉賞を受賞した長嶋茂雄、松井秀喜の両氏と安倍晋三首相、巨人・原辰徳監督が1枚に収まった記念カードを制作した。また、この年の「2ndバージョン」が発売された後、都内の某カードショップに女性のお客さんから問い合わせがあったという。女性の緊張気味の声音を察して店長が優しく話を聞くと、「“クリハラルイ”のカードはありますか?」とのこと。最初は何のことかよく分からなかったが、「これは哺乳類とか魚類の“ルイ”の意味に違いない」と、パッとひらめいた広島好きの店長。「もちろんありますよ!」と力強く答え、その女性が来店した際には、当時広島の主軸で活躍していた栗原健太選手関連のカードをたくさん出してあげた。ところが、実はこの女性、人気男性モデル・栗原類さんの始球式カードを探しに来ていたのだった。

 14年には今を時めくボクシング界のスーパースター・井上尚弥選手も登場している。ちょっと珍しいところでは、悪役商会で活躍していた八名信夫さんの始球式カードも制作された。当時も青汁のCMなどで有名な俳優だったが、実は東映の元プロ野球選手。ご本人が「79歳にもなってこういうカードを作ってもらえるとは!」といたく喜び、編集部に暑中お見舞いや年賀状での度々お礼のハガキまでいただいたのだった。

 話を本筋に戻そう。稲村亜美さんや小林幸子さんが登場した16年には、始球式カードで初めて直筆サイン版とシリアル入りの銀紙パラレル版が制作され、カードファンを喜ばせた。特に稲村さんは “始球式の女王”として一世を風靡し、17年の『スポーツカード・マガジン』1月号の付録では一気に5種が制作されるなど、これまでに全11種、17年のシークレット版も含めると正確には12種の始球式カードが制作され、これが最多記録となっている。

 17年の「FUSION」で、ももいろクローバーZの百田夏菜子さんが初登場したのは、まだ記憶に新しいカードファンも多いだろう。“モノノフ”と称される熱心なファンが百田さんのカードを買いにカードショップをひっきりなしに訪れ、ももクロ人気の凄さを垣間見ることができた。

 そして、好評発売中の19年版の「2ndバージョン」では、女優・浜辺美波さんの圧倒的な人気が沸騰している。直筆サイン版はなかったが、金紙版とホロ金紙版がパラレルで追加されたことで注目度に拍車がかかった。

 最後に、04年から現在まで始球式カードの全リストを掲載して、この記事を締めくくろう。アイテム別のカードリストはBBMのホームページなどでも掲載しているが、始球式カードだけのリストは珍しいはず。以前、このウェブサイトで掲載して以来のアップデート版となる。

 最近、始球式カードに興味を持った皆さんは、このリストを見て、カードショップなどで興味のある過去のカードを探してみてはいかがだろう。

BBM始球式カード完全リスト

☆04BBM2nd☆ 4種
□837 川上哲治
□838 パチョレック
□839 仰木 彬
□840 大畑大介

☆05BBM2nd☆ 8種
□815 池永正明
□816 平松政次
□817 村上雅則
□818 角田信朗
□819 高田延彦
□820 小倉優子
□821 黒谷友香
□822 ミッキー

☆06BBM2nd☆ 15種
□760 荒川静香
□761 岡崎朋美
□762 横峯さくら
□763 萩本欽一
□764 レイザーラモンHG
□765 橋本大二郎
□766 佐々木主浩
□767 ウルトラマンメビウス
□768 白鵬
□769 アンガールズ
□770 旭鷲山
□771 宮地真緒
□772 ほしのあき
□773 リリー・フランキー
□774 武蔵

☆07BBM2nd☆ 10種
□731 上戸 彩
□732 水川あさみ
□733 池田久美子
□734 石塚英彦
□735 末続慎吾
□736 あゆみ
□737 片岡安祐美
□738 大沢あかね
□739 石毛宏典
□740 北斗 晶

☆08BBM2nd☆ 12種
□764 やしきたかじん
□765 江頭ひなた
□766 上野由岐子
□767 白鵬
□768 琴光喜
□769 山崎真実
□770 千葉真子
□771 小野卓志
□772 西城秀樹
□773 諸見里しのぶ
□774 佐伯三貴
□775 南 明奈

☆09BBM2nd☆ 10種
□800 小倉智昭
□801 東国原英夫
□802 宮田聡子
□803 谷原章介
□804 本橋麻里
□805 小林優美
□806 神農 幸
□807 美優紀
□808 増田英彦
□809 岡田圭右

☆10BBM2nd☆ 10種
□802 杉本有美
□803 長島圭一郎
□804 田丸麻紀
□805 磯山さやか
□806 菜々緒
□807 優木まおみ
□808 大橋のぞみ
□809 高橋大輔
□810 波瑠
□811 中村果生莉

☆11BBM2nd☆ 11種
□719 萩本欽一
□720 葉月ミカ
□721 江戸川コナン
□722 三森すずこ
□723 清原和博
□724 佐藤弘道
□725 日村勇紀
□726 乙武洋匡
□727 川越達也
□728 高柳明音
□729 南 明奈

☆12BBM2nd☆ 15種
□671 武井 咲
□672 夏木マリ
□673 源崎トモエ
□674 長澤まさみ
□675 吉木りさ
□676 田中裕二
□677 安田美沙子
□678 荒川静香
□679 武 豊
□680 宮原華音
□681 貞子
□682 南 明奈
□683 仮面ライダーフォーゼ
□684 鈴木 福
□685 香川真司

☆13BBM2nd☆ 17種
□674 小泉孝太郎
□675 小田和正
□676 栗原 類
□677 多嶋沙弥
□678 足立梨花
□679 夏美
□680 米倉涼子
□681 スギちゃん
□682 林 修
□683 谷 花音
□684 長嶋茂雄
□685 松井秀喜
□686 小林星蘭
□687 田中理恵
□688 浅田 舞
□689 島谷ひとみ
□690 国民栄誉賞表彰式

☆13SCM11月号付録☆ 2種
□220 にしこくん
□221 貞子

☆14BBM2nd☆ 13種
□FP01 葛西紀明
□FP02 宮藤官九郎
□FP03 ボブ・サップ
□FP04 小島瑠璃子
□FP05 井上尚弥
□FP06 八名信夫
□FP07 沼田萌花
□FP08 狩野英孝
□FP09 益若つばさ
□FP10 原田ゆか
□FP11 栗原 恵
□FP12 道端カレン
□FP13 真野恵里菜

☆15BBM2nd☆ 12種
□FP01 朝比奈恵美
□FP02 佐々木希
□FP03 米倉涼子
□FP04 大石参月
□FP05 高田里穂
□FP06 小島瑠璃子
□FP07 藤田彩華
□FP08 宮川大輔
□FP09 吉村紗也香
□FP10 田中美保
□FP11 大政 絢
□FP12 遠藤章造

☆15SCM11月号付録☆ 6種
□344 おのののか
□345 剛力彩芽
□346 大島麻衣
□347 稲村亜美
□348 横山ルリカ
□349 竹内智香

☆16BBM2nd☆ 13種(★は直筆サイン版あり)
□FP01 藤原紀香
□FP02 月島桃花
□FP03 高野人母美★
□FP04 松元絵里花★
□FP05 稲村亜美★
□FP06 柚木 渚
□FP07 篠田麻里子
□FP08 佐野ひなこ
□FP09 小林さり
□FP10 小林幸子★
□FP11 中村静香
□FP12 貞子
□FP13 伽椰子&俊雄

☆16FUSION☆ 9種(★は直筆サイン版あり)
□FP14 剛力彩芽
□FP15 片山萌美★
□FP16 稲村亜美★
□FP17 すみれ
□FP18 岡副麻希
□FP19 橋本マナミ★
□FP20 張本 勲★
□FP21 小島瑠璃子
□FP22 山田久志

☆17SCM1月号付録☆ 5種
□386 稲村亜美
□387 稲村亜美
□388 稲村亜美
□389 稲村亜美
□390 稲村亜美

☆17BBM2nd☆ 13種(※はシークレット版、★は直筆サイン版あり)
□FP01 石橋杏奈★
□FP02 小池百合子
□FP03 藤田ニコル
□FP04 田口千晶★
□FP05 稲村亜美※★
□FP06 川辺優紀子★
□FP07 清井咲希★
□FP08 山根千佳★
□FP09 春香クリスティーン★
□FP10 工藤綾乃★
□FP11 吉本実憂★
□FP12 武田玲奈★
□FP13 牧野真莉愛

☆17FUSION☆ 9種(★は直筆サイン版あり)
□FP14 仲代達矢
□FP15 剛力彩芽
□FP16 板野友美
□FP17 石川 恋★
□FP18 稲村亜美★
□FP19 永野愛理★
□FP20 百田夏菜子
□FP21 渡邉幸愛★
□FP22 平野 綾

☆18BBM2nd☆ 18種(★は直筆サイン版あり)
□FP01 小平奈緒
□FP02 朝香りほ★
□FP03 上島竜兵★
□FP04 市橋礼衣★
□FP05 坂上 忍★
□FP06 小田和正
□FP07 遼河はるひ
□FP08 高木美帆★
□FP09 長谷川玲奈★
□FP10 松山英樹★
□FP11 高木菜那★
□FP12 藤田菜七子
□FP13 樋口新葉★
□FP14 芹澤 優★
□FP15 蜂谷晏海★
□FP16 上杉あずさ★
□FP17 牧野真莉愛
□FP18 中村 静香★

☆18FUSION☆ 14種(★は直筆サイン版あり)
□FP19 須田亜香里★
□FP20 松下奈緒
□FP21 泉 里香
□FP22 稲村亜美★
□FP23 華村あすか★
□FP24 森田真結子★
□FP25 瀧野由美子★
□FP26 上下 碧★
□FP27 小島瑠璃子
□FP28 坪井ミサト★
□FP29 百田夏菜子
□FP30 玉井詩織
□FP31 高木れに
□FP32 佐々木彩夏

☆19BBM2nd☆ 21種(★は直筆サイン版あり)
□FP01 浜辺美波
□FP02 小林陵侑★
□FP03 鮫島 彩★
□FP04 寺門ジモン★
□FP05 シャーロット・ケイト・フォックス
□FP06 張本智和★
□FP07 度會亜衣子★
□FP08 鈴木 望★
□FP09 山崎あみ★
□FP10 KANAE★
□FP11 泉 里香
□FP12 山内鈴蘭★
□FP13 仲邑 菫
□FP14 林家ぺー★
□FP15 鈴木愛理★
□FP16 オカダ・カズチカ★
□FP17 木村多江★
□FP18 坂本花織
□FP19 三原舞依
□FP20 貞子
□FP21 棚橋弘至★

2ndバージョンの情報はこちら!

おすすめ記事


This article is a sponsored article by
''.