今年もこの企画がやって来ました! 3月から7月まで順にリリースしてきたBBMカードの2019年版チームパック。これを、全国の「スポーツカードミント」の敏腕店長軍団が診断する連載です。

クールでシビアに診断!

 12球団すべてのチームパックが発売され、お気に入りの球団や選手のカードをコレクションして楽しんでいただけていると思います。

 今年も制作スタッフの「ベストカード」「こだわりのカード」をこのWEBサイトで連載してきましたが、続いては、これ。

 ミント店長軍団の登場です!

 BBMカードの歴史といまをよく理解してくださっている店長の皆さんは、今年のチームパックをどのように診断しているのでしょうか。

 それを知るべく、アンケートをお願いしました。

「パッケージ部門」「レギュラー部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」「ベストof ベストカード」の6つの部門で“ガチ診断”をお願いしました。

 いよいよ連載も第5回。最も気になるスペシャルインサートカードを見ていきましょう。

☆アンケートに回答してくれた皆様☆
札幌店・岩本充弘店長、仙台店・阿部悠樹店長、千葉店・藤池雄一郎店長、
浦和店・安野弘道店長、池袋店2階・酒井裕之店長、神田店・田村亮一店長、
新宿店・足立卓朗店長、渋谷店・中川良太店長、吉祥寺店・毛利優介店長、
立川店・高橋高弥店長、横浜店・五十嵐直樹店長、梅田店・川口博之店長、
三宮店・佐藤裕也店長、広島店・柴田哲平店長、福岡店・林田健一店長
ご協力ありがとうございました。

〈アンケート方法〉
「パッケージ部門」「レギュラー部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」について、それぞれ1位から3位を選出、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントを付与(未回答の場合は0ポイント)。部門ごとに上位のものを中心にここで紹介していく。
 最後に「ベストofベストカード」を1枚、選定してもらった。

スペシャルインサートカード部門3位
9ポイント
東北楽天ゴールデンイーグルス!

 直筆サインカードは通常版のほか、コンボ直筆サインカード、シルバー直筆サインカード、1of1直筆サインカード、ルーキー直筆サインカード、クロス直筆サインカードと6パターンのバリエーションで展開されているが、ルーキー、クロスブランドはデザイン共通のため、それ以外の部分で実力が試される。

 3位に滑り込んだ楽天は、地元の仙台店・阿部店長が「例年の楽天カードと比べてもデザインがとてもいい」と好感触。

 中でもシルバー直筆サインカード、1of1直筆サインカードのウィーラーが人気で、立川店の高橋店長の解説が的確だ。「背景にはイヌワシが羽を広げたようなデザインが施されていて、ウィーラー自身に羽が生えたように見える。しかも、愛嬌たっぷりな笑顔の写真が使われているので、まさに『映える』1枚に」。池袋店の酒井店長もまったく同じ意見を寄せてくれた。

 確かに、ウィーラーかわいい!

画像: 19BBM楽天/1of1直筆サインカード ウィーラー

19BBM楽天/1of1直筆サインカード ウィーラー

画像: 19BBM楽天/直筆サインカード 松井裕樹

19BBM楽天/直筆サインカード 松井裕樹

スペシャルインサートカード部門2位
13ポイント
広島東洋カープ!

 広島は上記の直筆サインカード6パターンとメモラビリアカードが対象になっている。地元の広島店・柴田店長は中でも大瀬良大地のシルバー直筆サインカードをプッシュ。%%「9枚限定というレア感、シルバーとレッドという色の組み合わせの妙がよかった」%%としている。

 色については他の店長も気にしてくれていて、福岡店の林田店長は通常版を引き合いに「シンプルなデザインであるがゆえに、赤いユニフォームが引き立つ」、新宿店の足立店長も「白・赤・黒を基調としたデザインが素晴らしかった」とカラーリングについて高い評価を下している。

 一方で三宮店の佐藤店長は「写真の部分とサインの部分を太い線でしっかりと分けている。それがシンプルでスッキリした印象を与えている」。細かいところまで気づいて解説してくれてありがとうございます!

画像: 19BBM広島/直筆サインカード 鈴木誠也

19BBM広島/直筆サインカード 鈴木誠也

画像: 19BBM広島/メモラビリアカード CM1 大瀬良大地

19BBM広島/メモラビリアカード CM1 大瀬良大地

スペシャルインサートカード部門1位
23ポイント
北海道日本ハムファイターズ!

 パッケージ部門、レギュラーカード部門、サブセットカード部門と合わせて実に「4冠」となったのが、日本ハムだ。このスペシャルインサートカード部門でも他を寄せつけない強さを見せつけて、1位となった。

 とりわけ、票が集中したのが吉田輝星の直筆サインカード通常版だった。この1枚だけで11ポイントを獲得しており、2019年のBBMカードを代表する1枚となった。

 多くの人が注目したのが、光の当て方を工夫したデザイン。地元札幌店の岩本店長が「日本ハムのサインカードがどれも突出して良かったのですが、背景の写真と残像のイメージ、光の当たり具合を表現したデザインは素晴らしかった」と高評価。池袋店の酒井店長が「選手の表情を感じられる写真、光の演出によるサインスペースの使い方は、通常版ながら高級感を感じられて秀逸」、立川店の高橋店長が「写真を2枚重ねた人気の構図に、スポットライトを当てたようなデザイン…実物を初めて見たとき、あまりのかっこよさに鳥肌が立ったのを覚えています」と興奮気味に続けた。

 一方で横浜店・五十嵐店長は「非常にていねいでかっこいいサインだと思う」とサインそのものに注目しており、筆跡も含めてサインカードの評価が決まるものだということを教えてくれた。

画像: 19BBM日本ハム/直筆サインカード 吉田輝星

19BBM日本ハム/直筆サインカード 吉田輝星

画像: 19BBM日本ハム/シルバー直筆サインカード 清宮幸太郎

19BBM日本ハム/シルバー直筆サインカード 清宮幸太郎

(次回はベストofベストカード部門)

おすすめ記事


This article is a sponsored article by
''.