BBMの球団別カード、セ・リーグは今年も東京ヤクルトスワローズでスタート! 待ち望まれる開幕のその日まで、スワローズの選手をカードで応援しよう!

豪華ニューフェイスがずらり
巻き返し誓うヤクルトのカードが熱い!

 昨季リーグ最下位からの復活を誓うヤクルトの最新カードは、高津臣吾新監督、ドラフト1位の奥川恭伸、東北楽天から移籍加入した嶋基宏、MLBでゴールドグラブを受賞している大物助っ人エスコバーなど、大物ニューフェイスが揃うフレッシュなラインアップとなっています。

 また、インサートカードのPhantomは昨季の12種から18種へとスケールアップ。9種限定のシルバー直筆サインカードと1of1直筆サインカードにマスコットのつば九郎が初登場するなど、ホットな話題が満載のアイテムです。

2020年4月発売
全コレクション 215種
1パック(6枚入り) 価格(本体400円+税)
1ボックス(20パック入り) 価格(本体8,000円+税)

LINE UP

☆レギュラーカード☆
□レギュラー 69種
□コンボカード 3種
□NEW BLOOD 3種
□GREAT POTENTIAL 3種
□LEADERS 3種

☆インサートカード☆
□FULL SWING 9種
※各100枚限定の金紙版、各75枚限定のホロPP版、各50枚限定の金紙ホロPP版あり
□SUCCESSOR 3種
※各100枚限定の金紙版、各75枚限定のホロPP版、各50枚限定の金紙ホロPP版あり
□HOT BULLPEN 3種
※各100枚限定の金紙版、各75枚限定のホロPP版、各50枚限定の金紙ホロPP版あり
□SAVIOR 3種
※各100枚限定の金紙版、各75枚限定のホロPP版、各50枚限定の金紙ホロPP版あり
□Phantom 18種
※各25枚限定

☆スペシャルインサートカード☆
□直筆サインカード 68種
□コンボ直筆サインカード 3種
□クロス直筆サインカード 3種
□ルーキー直筆サインカード 6種
□シルバー直筆サインカード 9種
□1of1直筆サインカード 9種

※チェックリスト、直筆サインカードの枚数は下記をご覧ください

カード紹介

〈レギュラーカード レギュラー〉

 凛とした波形を組み合わせて、「復活へのうねり」を表現しました。シンプルな透かしの色地に見えますが、紙幣柄のように極細の曲線を並べて構成しています。とてもキレイに仕上がったのでぜひご覧ください。

〈レギュラーカード サブセット コンボカード/NEW BLOOD/GREAT POTENTIAL/LEADERS〉

 コンボカードは、ロイヤルズで盟友だったエスコバー&青木宣親、近鉄-オリックス-ヤクルトとともに戦ってきた近藤一樹&坂口智隆、頼れる40代の石川雅規&五十嵐亮太を組み合わせています。ちなみにコンボ直筆サインカードは奥川恭伸&吉田大喜、中山翔太&濱田太貴、高橋奎二&廣岡大志の同期3コンボです。

「NEW BLOOD」では、ルーキー・奥川恭伸、移籍・嶋基宏、新外国人のエスコバー、「新しい血」をエネルギッシュなデザインでカード化。「GREAT POTENTIAL」は長谷川宙輝、中山翔太、濱田太貴、今季の爆発的な成長が期待される3人の若手を取り上げています。そして「LEADERS」は史上最速1500安打を達成した青木宣親、38連続盗塁成功の山田哲人、10代最多本塁打を放った村上宗隆のラインアップ。裏面にはその記録も掲載しました。

〈インサートカード〉

「FULL SWING」はSの文字だけ書体と色を変え、「FULL SWING」と「FULL WING」(フル稼働)、タイトルに2つの意味を持たせています。背景で光るアラベスクがとても美しいカードです。ほかに、次代を担う3投手が今季ブレイクするよう期待を込めて、弾けるデザインにはめ込んだ「SUCCESSOR」、継投を支える3投手の頼もしさ・勇ましさを紅蓮の炎で表現した「HOT BULLPEN」、注目外国人選手をクールかつスピード感あるデザインで紹介する「SAVIOR」があります。

 そして、大人気激レアクロスブランドインサートの「Phantom」は今年も進化! 花火柄のデザインでさらに高級感、レア感が増しています。表情&プレーの2枚写真で構成されていて、高津臣吾新監督のものは現役時代の勇姿を収めているのがポイントです。

〈スペシャルインサートカード〉

開封動画はこちら!

YouTubeのBBM公式チャンネル、ぜひ登録をお願いします!

画像: 公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【148】BBM東京ヤクルトスワローズベースボールカード2020 youtu.be

公式! 日本一早いBBM カード BOX BREAK 【148】BBM東京ヤクルトスワローズベースボールカード2020

youtu.be

おすすめ記事


This article is a sponsored article by
''.