「HANDACUP」・第51回全日本女子プロボウリング選手権の予選が終了しました。
トップで準決勝進出を決めたのはPARTⅠから独走の坂本かや(49期)で5,611(AVG233.79)。2位には83ピン差の5,528(同230.33)で姫路麗(33期)、3位に5,301(同220.87)でディフェンディングチャンピオンの佐藤まさみ(42期)が続いています。

4,992(同208.00)までの上位24人が準決勝へ進出。14日は準決勝9Gが行われ、上位4人が決勝(全日本方式ステップラダー)へ進みます。

おすすめ記事

https://bbm-shop.sportsclick.jp/admin/products/

ボウリング・マガジン 2020年1月号


This article is a sponsored article by
''.