上写真=試合は栗原(右)が計4度のダウンを奪って3-0判定勝利し、新チャンピオンとなっていたが…

 昨年12月24日に、大阪・住吉区民センターで行われたOPBFバンタム級王座決定戦12回戦において、第5ラウンド終了後のインターバル、第6ラウンド、第6ラウンド終了後のインターバルのタイム計測が誤っていたという問題で、OPBF本部事務局も兼ねるJBC(日本ボクシングコミッション)は18日、検証結果を受けて、ミスに関わったJBC関係者らの処分を発表。出場選手、関係者、ファンに謝罪の声明も合わせて発表した。

 試合は5ラウンド終了ゴングと同時に栗原慶太(一力)が放ったブローでストロング小林佑樹(六島)がダウン。これに対し、六島ジム陣営が終了ゴング後の加撃ではないかと抗議したが、試合管理をしているJBCは、ゴングと同時と判断し、抗議を認めなかった。だが、この一連の流れによる混乱の中で、インターバルが1分16秒(ルール上1分)となっていた。

 さらに、続けて始まった第6ラウンドは4分間行われ(ルール上3分)、同ラウンド終了後のインターバルは2分2秒あったことが検証の結果、明らかになった。

 JBCは、これらのミスを重く受け止め、「競技スポーツとしてのプロボクシングと選手の安全を管理するJBCの社会的信用を著しく貶める行為」とし、当日タイムキーパーを務めていた越島二朗氏を、12 月 29 日からタイムキーパーライセンス無期限停止処分に。

 また、当試合のスーパーバイザー(立会人)を担当した小池幸弘・西部事務局長を当面の間、謹慎処分。

 さらに、浦谷信彰JBC本部事務局長(関西地区事務局長兼任)を、関西地区事務局長として任命責任を負わなければならないと判断し、厳重注意処分とした。


This article is a sponsored article by
''.