12日に大阪・エディオンアリーナ大阪第1競技場で行われるWBA世界ミドル級、WBC世界ライトフライ級のダブルタイトルマッチの記者会見が10日、大阪市内のホテル日航で行われ、出場する4選手とも強い決意を表明した。

写真上=左から村田、ブラント、拳四朗、タコニン

ブラント「対策はできている」
村田「人間的に成長できた」

画像: 村田(左)とブラント
村田(左)とブラント

 昨年10月、当時のチャンピオンだった村田諒太(帝拳)を破ってから2度目の防衛戦になるロブ・ブラント(アメリカ)は、自信のコメントを連ねた。

「栄養士に食事を管理してもらい、1日3食食べながら減量している。アマチュアで五輪に勝ち、プロでも世界チャンピオンになるのは大したものだが、私もプロの世界チャンピオン、自信はある」

 前回は言わばホーム、今回はアウェーでの試合になるが、という問いにも揺らぐことはない。

「彼(村田)はアウェーという状況に負けたのではなく、対戦相手に負けたのだ。村田が前回よりアグレッシブに戦ってくるのはわかっている。その対策はできている」

 挑戦者という立場でダイレクトのリターンマッチを戦うことになった村田は、「去年の10月に負けてから、すぐにこの日が来た感じです。こんなに時間の流れの速さを知ったのは初めて。この間に、ボクシングを通じて人間的に成長できたいい時期でした」と、待ちわびた戦いであることを強調する。戦いについての答えはシンプルだった。

「今までやってきたことを出すだけです。(ブラントは)アウトボクシングをしてくると思うので、追い詰めて、いいパンチをたくさん決めること。それだけですね」

拳四朗「統一戦を視野に」
タコニン「人生が変わる」

画像: 拳四朗(左)とタコニン

拳四朗(左)とタコニン

 ダブルメインイベントの最初に行われるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチは、拳四朗(BMB)の6度目の防衛戦で、地元の関西では初の世界戦にもなる。

「久々(の関西)なのでモチベーションは上がっている。相手に当てさせないで、自分だけが当てる自分の持ち味を出して勝って、これから統一戦を視野に入れたい。そうして知名度を上げていきたい」

 一方、指名挑戦者のジョナサン・タコニング(フィリピン)はこれが3度目の世界挑戦になる。

「日本とは時差もないので、コンディションはいい。WBCのタイトルはこれが最後のチャンスだと思っている。勝てば人生が変わるはずだ」

 渇望感をそのまま言葉にした。

 当日は夜8時からフジ系列で、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチから生中継される。

 なお、WBAミドル級はルイス・パボン(プエルトリコ)、WBCライトフライ級戦はフランク・ガルサ(アメリカ)がそれぞれレフェリーを務める。

取材◉宮崎正博

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.