13日(日本時間14日)、アメリカ・カリフォルニア州カーソンのディグニティヘルス・スポーツパークで行われるWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦に出場するチャンピオンのレイ・バルガス(メキシコ)と暫定チャンピオン亀田和毅(協栄)の記者会見が11日、ロサンゼルス郊外のダブルツリーバイヒルトンホテルで開かれた。

写真上=王座統一を懸けて戦う正規王者バルガス(左)と暫定王者亀田

スピーチする亀田

 亀田は詰めかけた報道陣を前に、スペイン語で堂々とスピーチ。念願の統一戦を実現してくれたWBCとプロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズに感謝を述べ、「アメリカで戦えること、メキシコ人の多いロサンゼルスで試合ができることにワクワクしている」と語った。さらに「この4ヵ月の厳しい練習と調整で、この上ないくらいコンディションはいい状態に準備できている」と自信を見せた。

フェイスオフでは舌を出して挑発も

 バルガスに対しては「チャンピオン同士、メキシコ人らしい面白い試合を思いっきりやろう!」と呼びかけ、フェイスオフの撮影では舌を出しておどけるなど、終始自分のペースで会見を運び、会場をなごやかなムードに包み込んだ。

 試合は日本時間14日(日)の午前10時からDAZNでライブ配信される。

写真提供/協栄ジム

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.