元WBA世界スーパーフェザー級スーパーチャンピオン内山高志さん(39歳)のニックネーム『KOダイナマイト』を冠した賞金トーナメントが10月19日(土)、東京・後楽園ホールでスタート。A級ボクサー(8回戦以上)対象で、4階級(53kg、56kg、60kg、65kg各契約ウェイト)にそれぞれ4名の選手を集めて行われることが29日、都内のTMT JAPANオフィスで発表された。

上写真=内山さん(中央)、瀬端会長(左)、大柴代表がタッグを組んで、ボクシング人気のさらなる盛り上がりを演出する

 試合は5ラウンド制で行われ、優勝賞金は50万円。さらに、KOラウンドによって賞金額が変わるかたちが取られる。1ラウンドKO勝利は20万円、2ラウンド15万円、3ラウンド10万円、4ラウンド5万円、5ラウンド3万円といった具合だ。DANGANがかつて開催していた『B-TIGHT』のスタイルを踏襲した新たなトーナメントとなる。

 アンバサダーを務める内山さんが、ニックネームどおりの豪快なパンチで世界王座11度の防衛を築いたことは記憶に新しい。「KOできる選手に集まってもらい、ボクシングを初めて見る人たちにおもしろいと思ってもらえる試合をしてほしい」と期待する。

「テレビやネットでなく、会場に見に来てほしい」と、常々語ってきた瀬端会長。他競技にも造詣が深く、会場の演出等でも魅せる興行を計画している

「今回はトーナメントのかたちで開催しますが、来年からはワンマッチを、秋以降12月くらいまでに大きな会場でやる計画がある。日本の選手だけでなく、海外の選手も参加させることも考えている」と株式会社DANGANの瀬端幸男会長は語る。同席したTMT JAPANの大柴哲・代表も、「フロイド・メイウェザーの弟子を呼んだり、世界チャンピオンを招いたりして、日本のボクシング界を盛り上げたい。そのために、DANGANさんと組んでやっていきます」と強力なタッグを宣言した。

 同じくDANGAN主催で先ごろスタートした『山中慎介プレゼンツGOD LEFTバンタム級トーナメント』も大盛況。同様にアンバサダーを務める元WBC世界バンタム級チャンピオン山中さんが、副賞として高級腕時計を提供すると聞き、内山さんも「ゴッドレフトが出すんだから、自分も出さないと(笑)。見込みある選手がいれば、なにかをプレゼントしたい」と、“KOダイナマイト賞(仮)”も増設されそうだ。

 参加希望者はこの日から募集がかけられ、8月下旬に組み合わせが発表される予定となっている。

取材_本間 暁
写真_山口裕朗

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年8月号


This article is a sponsored article by
''.