7月26日エディオンアリーナ第二競技場にて辰吉寿以輝選手の12戦目が行われました。

1Rから右ストレートを強打していく辰吉選手。しかし相手の藤岡選手も19戦でKO負けが無し、とタフな選手。両選手の応援団の大声援が8Rまで続きました。

「いい経験積めました。相手の藤岡選手は今までにやった事のないタイプの選手でやりにくかったです。」と辰吉選手。

吉井会長によると日本ランキング10位以内の選手と年内にもう1試合やる方向で調整中とのこと。次の試合が待ちどおしいです。

※写真上=1Rから強打を打ち込む辰吉選手。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部員)

画像: ※写真上=試合後控え室にて対戦相手の藤岡選手と健闘を讃え合う。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部員)

※写真上=試合後控え室にて対戦相手の藤岡選手と健闘を讃え合う。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部員)

関連記事

ボクシング・マガジン 2019年8月号


This article is a sponsored article by
''.