2020年チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦のカードが決まり、5日に日本ボクシングコミッションで発表された。今年9月から12月にかけ、ミニマム級からスーパーウェルター級まで11階級で実施(フライ級とミドル級は不戦)され、勝者は2020年のチャンピオンカーニバルで日本タイトルに挑戦する権利を得る。発表会に出席した出場選手たちが、それぞれ「最強挑戦者」への決意を語った。

★ミニマム級
9月21日・後楽園ホール
谷口 将隆(ワタナベ)①
石澤  開(M.T)②

画像: 谷口(左)と石澤

谷口(左)と石澤

◆谷口将隆コメント「今回は絶対に勝って、チャンピオンカーニバルにつなげます」
◆石澤開コメント「急遽つかんだこのチャンスに必ず勝って、来年のチャンピオンカーニバルにつなげます」

★ライトフライ級
12月15日・名古屋
矢吹 正道(緑)①
芝  力人(RK蒲田)⑧

画像: 芝

◆芝力人コメント「来週のユースタイトルマッチをまずしっかり勝ち、12月に名古屋で勝って日本タイトルの切符を手にするので、注目してほしいです」

★フライ級
藤北 誠也(三迫)③
※山内涼太(角海老宝石)④が負傷で欠場。

画像: 藤北

藤北

◆藤北誠也コメント「運よくカーニバル出場のチャンスをもらったが、減量もしっかりやって(計量は実施)、来年タイトルをいただこうと思っています」

★スーパーフライ級
日時未定
久髙 寛之(仲里)①
ユータ松尾(ワールドスポーツ)②

画像: 松尾

松尾

◆ユータ松尾コメント「またこうしてチャンスをいただけたことに感謝し、自信を持って次の試合を勝ちたいと思います」

★バンタム級
10月26日・後楽園ホール
澤田 京介(JB SPORTS)①
田中 一樹(グリーンツダ)②

画像: 澤田

澤田

◆澤田京介コメント「やっとここまでこれたなと思っています。今回は判定までやるつもりはありません。田中選手も最初から打ち合ってくると思うので、序盤で終わらせたいと思います」

★スーパーバンタム級
9月13日・後楽園ホール
古橋 岳也(川崎新田)①
田村 亮一(JB SPORTS)②

画像: 古橋(左)と田村

古橋(左)と田村

◆古橋岳也コメント「試合が13日の金曜日ということで、“ゾンビ” こと田村選手がもう復活しないように、KOで墓場に送り返したいと思います。倒して勝って、どんな言い訳をするか楽しみにしています」
◆田村亮一コメント「古橋選手は1ヵ月前に彼女に振られたと言っていました。僕が勝った暁には、そんな古橋選手に合コンの挑戦権を与えたいと思います」

★フェザー級
10月26日・後楽園ホール
丸田陽七太(森岡)④
大橋 健典(角海老宝石)⑤

画像: 丸田(左)と大橋

丸田(左)と大橋

◆丸田陽七太コメント「10月26日は僕が後楽園ホールでKO勝ちします」
◆大橋健典コメント「しっかり勝って、またタイトルマッチに挑戦したいと思います」

★スーパーフェザー級
11月9日・後楽園ホール
源  大輝(ワタナベ)①
渡邉 卓也(青木)②

画像: 源(左)と渡邊

源(左)と渡邊

◆源大輝コメント「フェザー級で2度防衛したプライドを持って、2階級制覇したいと思います」
◆渡邉卓也コメント
「(中国語で)必ず勝って来年につなげます。謝謝」

★ライト級
10月26日・後楽園ホール
斎藤 一貴(角海老宝石)①
富岡  樹(REBOOT)②

画像: 斎藤(左)と富岡

斎藤(左)と富岡

◆斎藤一樹コメント「10月26日は勝って、チャンピオンカーニバルの挑戦者になれるように頑張ります」
◆富岡樹コメント「僕がの方が負けるという声が多いんですけど、それを引っ繰り返す自信があるのでここに来ました」

★スーパーライト級
10月21日・後楽園ホール
アオキ クリスチャーノ(角海老宝石)①
永田 大士(三迫)②

画像: アオキ(左)と永田

アオキ(左)と永田

◆アオキ クリスチャーノコメント「(ポルトガル語で)10月21日に永田選手と戦えるのをすごく楽しみにしています。万全に体調を整え、全力でガチに行きます。押忍!」
◆永田大士コメント「ハロー、エブリバディ(笑)、アオキ選手とバチバチの打ち合いをできることが一番の楽しみです。10月21日は一緒に盛り上げましょう。勝つのは僕です」

★ウェルター級
10月26日・後楽園ホール
小原 佳太(三迫)①
垂水 稔朗(協栄)②

画像: 小原(左)と垂水

小原(左)と垂水

◆小原佳太コメント「最強挑戦者決定戦、賞品や賞金ではなく、お金では買えないものを手に入れようと思っています。ボクシングはやっぱりすごい、と思ってもらえることが第一です」
◆垂水稔朗コメント「憧れだった小原選手と戦えることを本当に嬉しく思っています。ただ、憧れのままで終わらせる気はさらさらありません」

★スーパーウェルター級
11月2日・後楽園ホール
新藤 寛之(宮田)①
清水 優人(木更津グリーンベイ)②

画像: 新藤(左)と清水

新藤(左)と清水

◆新藤寛之コメント「5月に負けてからの再起戦でありながら大きな試合が決まったので、この試合に勝って、来年またチャンピオンに返り咲けるように頑張りたいと思います」
◆清水優人コメント「国内2階級制覇の新藤選手と戦えるということで、挑戦できることに感謝して、戦って勝ちたいと思います」

★ミドル級
国本  陸(六島)②
※不戦によりカーニバル出場権獲得。

写真◎本間 暁

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.