11月3日、東京・後楽園ホールで行われる第76回東日本新人王決勝戦の発表会が11日、後楽園飯店で開かれ、12階級の決勝進出者24人が出席。優勝に向け、全員が力強く勝利を宣言した。勝者は12月22日、西軍代表と全日本新人王をかけて戦う。

写真上=勢ぞろいした東日本新人王戦のファイナリストたち

画像: ミニマム級の森(左)と繩井

ミニマム級の森(左)と繩井

★ミニマム級
森  且貴(大橋)=左
神奈川県出身、19歳。4戦4勝(1KO)。
コメント「特別やることはない。今まで通りの練習をして最高の状態でリングに上がって必ず勝つ」

繩井  愁(ワタナベ)=右
長野県出身、21歳。4戦3勝(2KO)1敗。
コメント「森選手にはデビュー戦で負けているので、リベンジできるようベストな状態で試合したい」

画像: ライトフライ級の安藤(左)と高根

ライトフライ級の安藤(左)と高根

★ライトフライ級
安藤 教祐(KG大和)=左
宮崎県出身、27歳。7戦6勝(3KO)1敗。
コメント「スピードを活かして圧倒的に勝利したい」

髙根 秀寿(角海老宝石)=右
和歌山県出身、21歳。4戦4勝(1KO)。
コメント「安藤選手はめちゃめちゃ強いと聞いているので、ワクワクしています」

画像: フライ級の具志堅(左)と臼井

フライ級の具志堅(左)と臼井

★フライ級

具志堅広大(竹原&畑山)=左
沖縄県出身、26歳。9戦4勝(3KO)5敗。
コメント「決勝は楽しんで面白い試合を見せます」

臼井 春樹(八王子中屋)=右
東京都出身、20歳。6戦4勝(1KO)2分。
コメント「具志堅選手とは見た目もスタイルも違うので、お互いにいい試合をしたい」

画像: スーパーフライ級の入稲福(左)と目黒

スーパーフライ級の入稲福(左)と目黒

★スーパーフライ級

入稲福 敬(ドリーム)=左
沖縄県出身、26歳。9戦5勝(4KO)4敗。
コメント「非常にいい勝ち方で来れてるので、この勢いのまま倒して勝ちます」

目黒 聖也(セレス)=右
福島県出身、20歳。4戦4勝(3KO)。
コメント「僕も倒して勝ちたいと思いますのでよろしくお願いします」

画像: バンタム級の永冨(左)と小笠原

バンタム級の永冨(左)と小笠原

★バンタム級

永冨 寛治(フラッシュ赤羽)=左
山口県出身、26歳。2戦1勝1分。
コメント「フラッシュ赤羽ジムの名に恥じないよう、精一杯がんばります」

小笠原梢太(シャイアン大嶋)=右
岩手県出身、24歳。6戦4勝(3KO)2敗。
コメント「しっかり勝って、女手一つで育ててくれた母親にトロフィーをあげたい」

画像: スーパーバンタム級の梅本(左)と竹原

スーパーバンタム級の梅本(左)と竹原

★スーパーバンタム級

梅本 耕孝(新日本木村)=左
岡山県出身、36歳。8戦5勝2敗1分。
コメント「36歳の最年長です。格闘経験もなく28歳で始めたので、がんばります」

竹原  毅(協栄)=右
広島県出身、24歳。4戦4勝。
コメント「当日はバチバチ殴り合って、自分が勝ちます」

画像: フェザー級の今成(左)と亀田

フェザー級の今成(左)と亀田

★フェザー級

今成 太希(三迫)=左
新潟県出身、22歳。5戦5勝(3KO)。
コメント「相手が京之介君ということで、地元新潟からも沢山の応援が来てくれるので、頑張って倒して勝ちます」

亀田京之介(協栄)=右
大阪府出身、21歳。6戦4勝(3KO)1敗1分。
コメント「こんなところで何を言っても意味ないんで、試合楽しみにしとってください」

画像: スーパーフェザー級の佐藤(左)と谷口

スーパーフェザー級の佐藤(左)と谷口

★スーパーフェザー級

佐藤 諄幸(厚木ワタナベ)=左
神奈川県出身、22歳。7戦5勝(3KO)1敗1分。
「決勝まで来れてうれしい。当日はコンディションを整えて、試合を楽しみたい」

谷口 彪賀(八王子中屋)=右
鹿児島県出身、20歳。5戦2勝(1KO)2敗1分。
「全日本を獲るためにも次は4ラウンド、フルに使って勝ちたい」

画像: ライト級の齋藤(左)と佐々木

ライト級の齋藤(左)と佐々木

★ライト級

齋藤眞之助(石川ジム立川)=左
山梨県出身、24歳。8戦5勝(2KO)3敗。
「作戦通りに戦って勝ちます」

佐々木  尽(八王子中屋)=右
東京都出身、18歳。7戦7勝(6KO)。
「自分は最初から世界を狙って始めたので、新人王で負けてられない。普通にKOで勝ってMVPを獲りたい。齋藤選手も強いが、一番いい試合をして盛り上げましょう」

画像: スーパーライト級の本多(左)と小林

スーパーライト級の本多(左)と小林

★スーパーライト級

本多 航大(川崎新田)=左
新潟県出身、20歳。4戦3勝(2KO)1敗。
コメント「次の小林選手は全勝。強い相手だが、こんなところで足踏みしてられないから必ず僕が倒して勝つ」

小林 柾貴(イマオカ)=右
東京都出身、20歳。5戦5勝(3KO)。
コメント「当日は僕が一番面白い試合をして、盛り上げます。本多選手も気が強くて、いい選手だと思うが、僕が勝ちます」

画像: ウェルター級の永田(左)と足名

ウェルター級の永田(左)と足名

★ウェルター級

永田 勝大(新日本木村)=左
静岡県出身、32歳。9戦4勝5敗。
コメント「当日はお客さんも一杯入ると思うので、盛り上げたい。足名選手には1回負けているので、どつきまわしてリベンジしたい」

足名 優太(渡嘉敷)=右
東京都出身、25歳。4戦3勝1敗。
コメント「決勝で永田さんのようなタフなファイターとやれてうれしい。いろんな方に支えられて幸せです。感謝して、残り3週間しっかり準備します」

画像: ミドル級の舟津(左)と湯澤

ミドル級の舟津(左)と湯澤

★ミドル級

舟津  純(伴流)=左
東京都出身、26歳。10戦5勝(3KO)3敗2分。
コメント「決勝まで行くのに3年かかりました。とにかく勝ちたいです」

湯澤 卓巳(宇都宮金田)=右
栃木県出身、22歳。3戦2勝(1KO)1分。
コメント「最重量級なのでメインになるから、めっちゃ楽しんでやりたいです」

取材◎藤木邦昭

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.