30日、東京・後楽園ホールで行われた52.5kg(スーパーフライ級リミット+400g)契約8回戦で番狂わせ──。元OPBF東洋太平洋フライ級王者で、現・日本9位の中山佳祐(31歳=ワタナベ)が、大阪から登場したノーランクの古谷昭男(21歳=六島)に0-2判定負け(76対76、75対77、75対77)を喫した。また、元日本&WBOアジアパシフィック・スーパーフライ級チャンピオンの船井龍一(34歳=ワタナベ)の引退式がリング上で行われた。

上写真=中山に対し、古谷は迷いのない右を打ち込み続けた

 昨年3月、今年2月とKO負けが目立つ中山の迷いと、「格上の中山選手には、どんどん強気で向かっていくしかない」という古谷の決意の差が出た戦いだった。
 サウスポーの中山は、丁寧に慎重に立ち上がったつもりだっただろうが、古谷は右ストレートを中心に、攻める姿勢を前面に出した。この右を外して左カウンターを狙う中山だったが、常に後手を踏むかたちとなり、気持ちの面でも押されることに。セコンドの「サイドから!」「縦!(拳を縦に放つ左ストレート)」という指示に反応し、古谷をなんとか止めようと試みるのだが、相打ちになっても優るのは古谷。「中盤、足が止まってしまい、打たれてしまったけれど、もう1度動かすことができた」という古谷は、サイドへ回り込む中山を歩いて追って連打を浴びせるなど、最後まで攻めの姿勢を貫き通し、敵地での勝利を手繰り寄せた。
 これで初のランク入りを確実にした古谷の戦績は12戦8勝(3KO)4敗。敗れた中山は18戦11勝(5KO)5敗2分。

敵地で堂々の勝利となった古谷。パンチの打ち抜きは、戦績以上の強さを感じさせた

画像: 10人超の後輩チャンピオンたちに、船井の魂は伝わっているはず

10人超の後輩チャンピオンたちに、船井の魂は伝わっているはず

 古谷対中山のセミファイナル前には、今年5月にアメリカ・カリフォルニア州ストックトンでIBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)に挑み、6回TKO負け。この試合を最後とした船井の引退式が執り行われた。

12月に大阪で日本王座挑戦を控える中川(左)だが、“親友”にリベンジするために登場。18年の時を振り返るかのように一発一発を繰り出す両者の姿が印象的だった

 式では高校時代に一緒にボクシング部をつくった親友・中川健太(三迫)とのスパーリングが2ラウンド行われた。
 このふたりは2017年3月に拳を合わせ、7回KOで王者・中川から船井が日本スーパーフライ級王座を奪取した“因縁”もある。親友に胸を貸すと同時に、リベンジも兼ねた中川がヒット&アウェイをし、船井が必殺の右で追いかけるという展開で場内を沸かせた。

 渡辺均会長、後援会関係者、ジムの後輩チャンピオンたちに囲まれ、ともに歩んできた高橋智明トレーナーから労いの言葉を贈られた船井は、「挫折や敗戦を重ねて夢がしぼんだときもあったけれど、みなさんのおかげで夢見ていた舞台に立つことができました。社会人として、皆様の後輩として頑張ります」と挨拶。現在はキッチンカーでお弁当販売に汗を流し、ゆくゆくはお店を構えたいという希望を持っているそうだ。
 プロ通算戦績は39戦31勝(22KO)8敗。

文_本間 暁
写真_菊田義久

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2019年11月号


This article is a sponsored article by
''.