決戦まであと6日──。23日(月)、神奈川・横浜アリーナで元世界3階級制覇王者・八重樫東(36歳=大橋)の挑戦を受けるIBF世界フライ級チャンピオン、モルティ・ムザラネ(37歳=南アフリカ)が17日、東京の帝拳ジムで練習を公開した。昨日来日した疲れも見せず精力的にトレーニングに没頭する姿は、「アウェーで戦い慣れている」と自信を見せるとおり、経験の深さを感じさせるものだった。

上写真=リラックスした右ストレートを打ち込んでいくムザラネ

時折、キュートな笑顔を見せるムザラネ。八重樫同様、大ベテランの余裕を感じさせた。左はヴィオ・シー・トレーナー

 ここ最近、来日する外国人選手の、メディアへの練習公開は、軽いシャドーボクシングを1、2分見せるだけというものが増えている。が、ムザラネはとにかく精力的に動いた。ロープスキッピングに始まり、シャドー、ミット打ちと淡々とこなしていく。圧巻だったのはサンドバッグ打ち。なんと6ラウンドにもおよび、偵察に訪れた大橋秀行会長に、「ベテランは本当によく練習するよね」と、愛弟子・八重樫も引き合いに出して、舌を巻かせた。

左足は、内股気味に内側へ絞り込むフォーム

コリン・ネイサン・チーフトレーナーの持つミットへ左ジャブ。これはもっとも厄介なブローだ

 ムザラネは、さらに最後の締めとしてふたたびロープを跳んで、試合と同じトータル12ラウンドをきっちりと動いてみせた。
 それでも、滴り落ちる汗の量に比して、疲労の色をまったく浮かべない。周囲も気にしない。マイペースぶりを存分にアピールした。

その場で足踏みをしながらの連打

6ラウンドのバッグ打ち後。呼吸はまったく乱れていなかった

「あれだけサンドバッグを打って、呼吸が一切乱れない。持久力は相当」と大橋会長は感心し、「持久戦となれば、八重樫のストロングポイント」と、同行した松本好二トレーナーも望むところと身構えた。

報道陣に感想を述べる大橋会長。「(オマール・)ナルバエスもものすごい練習量だった」と、長く戦い続けるベテラン勢の熱心さを讃えた

 しかし、シャドーにしろ、ミット、バッグ打ちにしろ、決して力強いものではなく、同じテンポ、リズムでリラックスして放つもの。この“リズミカル”こそが、近年のムザラネの厄介さで、八重樫も、そこに乗せてしまわないようにしなければならない。

「ヤエガシは、どんな戦い方もできる選手。とてもリスペクトしている。でも、そんなヤエガシの出方次第で、私も対応できるようにトレーニングしてきた。ベルトは南アフリカに持って帰ります」と、柔和な表情を浮かべながら、しっかりと自信のアピール。

画像: 瞬間瞬間に見せる眼差しは、とても鋭かった

瞬間瞬間に見せる眼差しは、とても鋭かった

 2001年にプロデビューし、40戦を戦ってきた大ベテランは、「長く戦い続ける秘訣」を訊ねられると、「規律正しく生活すること。そしてなにより、この競技に自分自身のすべてをいかに捧げられるかです」と即答。プロデビュー年こそ2005年だが、アマチュア開始からは20年超となる八重樫との、“ボクシングへ注ぐ情熱”のぶつかり合いが見られそうだ。

文&写真_本間 暁

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年1月号


This article is a sponsored article by
''.