2020年のプロボクシングが12日、東京・後楽園ホールの「内山高志presents KNOCK OUT DYNAMITE賞金マッチトーナメント」で開幕。2階級の決勝が行われ、60kg級はマービン・エスクエルド(フィリピン)、65kg級はトゴルドル・バットツォグト(モンゴル)が優勝を飾った。

写真上=トゴルドル(右)は的確な左でデスティノの前進を阻み続けた

60kg級決勝5回戦

画像: エスクエルド(右)の右強打が高畑を襲う

エスクエルド(右)の右強打が高畑を襲う

○マービン・エスクエルド(フィリピン)
●高畑 里望(ドリーム)
 TKO4回2分31秒
[戦評]ラフに左右フックを振り回すエスクエルドの間隙を突いて、40歳の高畑は左ジャブ、右ボディアッパーをヒット。2回途中まではうまく戦っていた。だが、エスクエルドが左フックから右ストレートを突然繰り出すと、これがまともにヒット。高畑はロープに吹き飛びダウンしてしまった。
 ダメージ残る高畑だが、レフェリーは続行。ゴングに逃れると、ボディにダメージを溜め、スタミナもロスしたエスクエルドを再びコントロールし始めた。しかし、またしてもエスクエルドが左ショートフックから右ショートストレートを打つと、まともに食った高畑はロープに倒れこむ。今度はレフェリーもストップした。

65kg級決勝5回戦

○トゴルドル・バットツォグト(モンゴル)
●デスティノ・ジャパン(ピューマ渡久地)
 判定3-0(49対45×2、48対46)

[戦評]プロ2戦目のトゴルドルが、アマチュア仕込みのテクニックでデスティノの強打を封じた。デビュー戦で右手の親指を痛めていたトゴルドル。風邪を引いてコンディションも良くなかったというが、うまい足捌きで距離を取り、「今日はこれしかなかった」という左ジャブをダブル、トリプルで的確に突いて試合をコントロールした。
 前に出ながらも空打を繰り返したデスティノは4回、プレスを強めて右をヒットするが、トゴルドルの速い足を止められない。最終回にはトゴルドルのワンツーでダメージを深め、ロープ際で右のダブルを受けるとついにダウン。残り時間はトゴルドルが悠々と逃げ切った。

※56kg級決勝は山内祐季(真正)の負傷により中止。佐々木蓮(ワタナベ)が優勝。

画像: 2020年最初のプロボクシング興行。開場を前に、今年の安全を祈念してリング上でお祓いが執り行われた

2020年最初のプロボクシング興行。開場を前に、今年の安全を祈念してリング上でお祓いが執り行われた

写真◉馬場高志

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年2月号


This article is a sponsored article by
''.