27戦全勝全KOというパーフェクトレコードを持ったまま、非業の最期を遂げた元2階級世界王者エドウィン・バレロ。存命ならば、どこまで行けたのだろうか――。4月15日で没後10年。ボクシング・アナリストの増田茂氏が、あす発売のボクシング・マガジン4月号で考察する。

写真上=バレロのラストファイトから10年が経過した(写真/ゲッティイメージズ)

【ご案内】
『ボクシング・マガジン4月号』の内容詳細、購入方法、定期購読のお申し込みはコチラ↓


This article is a sponsored article by
''.