新型コロナウイルス感染拡大によりボクシング業界も厳しい状況に陥る中、東日本ボクシング協会では『SAVE JAPAN BOXING』と銘打つ活動を行っていくことを決めた。日本のボクシング、スポーツの団結力を世界へ発信し、コロナウイルスの脅威に打ち勝っていくことが目的だ。

写真上=『SAVE JAPAN BOXING』Tシャツ

 まずは4月5日に無観客試合として行われる東日本新人王予選を盛り上げ、コロナに負けず、ボクシング競技を守っていくというメッセージを打ち出していく。

 4月5日のYouTubeライブ配信時には現役の世界王者を始め、コンテンダーや日本、東洋太平洋チャンピオンたちが生対談を行う。その際にチャット機能の中で投げ銭ができるシステムを導入。世界王者たちや思わぬ人物のチャット参加や“投げ銭”などもあるかもしれないという。『SAVE JAPAN BOXING』では、以下の活動を行っていく。

1 『SAVE JAPAN BOXING』Tシャツを制作、販売。
2 Tシャツに世界チャンピオンたちのサインを集め、4月5日のYouTubeライブ配信で一番高い金額の“投げ銭”をしてくれた一般の方へプレゼント。
3 世界王者たちが中心となった『SAVE JAPAN BOXING』活動の動画公開。
4 SNSでハッシュタグ#SaveJapanBoxingを加え活動を広めていく。

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年4月号


This article is a sponsored article by
''.