日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は30日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、4月30日までとしていた国内興行の中止・延期を5月15日まで延長すると発表した。この決定により、5月10日に予定していた元主要4団体世界ミニマム級チャンピオン高山勝成(寝屋川石田)の再起戦も延期。5月12日にJBCルールのプロボクサー定年37歳を迎える高山は、定年延長を願っていく意向を明らかにした。

写真上=再び岐路に立たされた高山(Getty Images)

 無観客で行われる予定だった4月5日の東日本新人王予選と同26日の西日本新人王予選も延期された。高山の場合は、37歳のプロボクサー定年を迎える5月12日までに国内で試合を行うことは不可能となり、海外への渡航も多くの国で入国制限が行われていることから実現は困難。新型コロナという前例のない状況を踏まえ、JBCに定年延長の嘆願書を提出する意向を、代理人を通じて明らかにした。

 高山は「復帰戦が決まっていた中、残念ではありますが、新型コロナウイルスの状況を踏まえると、試合中止期間の延長は英断だと思います。再びプロのリングに立てるよう、最善を尽くしていきます」とコメントしている。

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年4月号


This article is a sponsored article by
''.