日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は22日、新型コロナウイルス対策連絡協議会をオンラインで開催。7月の興行再開へ向け、出場選手に抗体検査を義務付ける方針を明らかにした。

写真上=プロボクシング興行は3月から休止中

 7月からの再開を目指すプロボクシング興行は、同16日(大橋ジム主催)と22日(三迫ジム主催)にチャンピオンカーニバル、30日と8月1日に東日本新人王予選を、いずれも後楽園ホールで無観客による開催を予定(7月27日のワールドスポーツジム興行は延期)。また7月5日と12日には愛知県刈谷市、同19日には沖縄県うるま市でも計画されているが、開催の可否は地方自治体によっても基準が異なるため、それぞれの判断を待つことになる。

 JBCは社会的な責務を果たすためにも試合やジム運営のガイドライン作成を急ぎ、出場選手には抗体検査を義務付けることを近日中に決定する意向を示した。PCR検査は現実的に難しいことから、信頼性を慎重に見極めたうえで抗体検査の簡易キットを決める方針。検査は出場選手が試合の3週間前と前日に実施するほか、セコンドや試合役員の実施についても検討していく。

 また、レフェリーがフェイスシールドを着用する案については、レフェリングの動作、判断が鈍る可能性もあるという試合役員の見解から、現状では使用を否定する声が上がっている。

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年6月号


This article is a sponsored article by
''.