東日本ボクシング協会の2020年度第3回定例理事会がオンラインで開かれ、2ジムで新会長の就任が報告された。

写真上=ボクシング興行は7月からの再開を目指す

 コーエイ工業小田原ジムは昨年12月に関谷西生会長が死去したことに伴い、長く同ジムでトレーナーを務めてきた上石剛氏が新たな会長に就任した。UNITED ジムは三好渥義会長の体調不良により、阪東浩徳トレーナーが会長代行を務める。上石氏、阪東氏(リングネームは阪東ヒーロー)ともに元日本ランカー。またパンチアウトジムは、赤城武幸会長が同時にアマチュアジムを経営していたことが会規に抵触し、7月から6ヵ月間の資格停止処分が下された。

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年6月号


This article is a sponsored article by
''.