「はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝大会」が行われる8月22日、東京・後楽園ホールの全カードが決まった。クラウドファンディングで観戦チケットも販売される。

写真上=はじめの一歩トーナメント決勝で戦う草野慎吾(左)と渡部大介

 DANGAN235と銘打たれるこの日は、渡部大介と草野慎吾による「はじめの一歩トーナメント」決勝をメインに、再び世界を目指す和氣慎吾がランカー川島翔平を相手に再起戦、元日本ライト級王者・土屋修平と全日本新人王・橘ジョージの賞金マッチ、4回戦でも松下一対一道宏の無敗パンチャー対決と、注目のラインアップがそろった。試合開始は18時30分。全カードは次のとおり。

★はじめの一歩30周年記念フェザー級トーナメント決勝8回戦
渡部大介(ワタナベ)-草野慎吾(三迫)
★56.0kg契約8回戦
和氣慎吾(FLARE山上)-川島翔平(真正)
★賞金マッチ・ライト級5回戦
土屋修平(DANGAN AOKI)-橘ジョージ(新宿協栄)
★ライト級4回戦
松下一(東拳)-一道宏(T&T)

 試合は動画配信サイトBOXING RAISEで有料ライブ配信されるほか、観戦チケットも今日から7月5日まで、クラウドファンディング内の支援リターンとして販売される。VIP席1万5000円、S指定席1万円、A指定席7000円。購入者には、はじめの一歩キャラクターによる応援アバターパネルの特典が付く。またチケット購入時に応援選手を選択することができ、支援金の一部が応援選手のファイトマネーに加えられる。

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年7月号


This article is a sponsored article by
''.