全世界待望の瞬間がようやくやってくる。10月31日(日本時間11月1日)、アメリカ・ラスベガスのMGMグランド“ザ・バブル”で、WBA・IBF世界バンタム級チャンピオン井上尚弥(27歳=大橋)がWBA3位・IBF4位のジェイソン・マロニー(29歳=オーストラリア)と防衛戦を行うことが決定したのだ。今日発売『ボクシング・マガジン10月号』の巻頭では、編集作業終了間際に飛び込んできた正式決定会見をギリギリ収録。試合への熱望と緊迫感をお伝えしたい。

上写真=「マロニーは穴がない相手。気を引き締めたい」。井上は会見で静かに力をこめて語った 写真提供_大橋ボクシングジム

 モンスターがとうとう帰ってくる──。昨年11月、さいたまスーパーアリーナで開催されたWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)決勝の、あのノニト・ドネア(フィリピン)との白熱戦以来、およそ1年ぶりだ。

 新型コロナウイルスの影響により、アメリカ最大手のひとつ、トップランク・プロモーションとの契約初戦にして、アメリカ本格進出は大幅にずれ込んだ。4月に予定されたWBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との対戦もひとまず“お預け”となった。
「マロニーはカシメロよりも穴がない」と井上は会見で語った。が、相手がどうあれ、「井上尚弥のボクシング」こそが“主役”だ。

挑戦者マロニーは、しぶといボクシングに定評がある Photo/Getty Images

「モンスター・イズ・バック」。そして、井上自身「ここからが第2章」と位置づける記念すべきラスベガス・デビュー戦。その瞬間まで1ヵ月半。われわれも、心と体の準備を整えよう。

※この試合の模様は11月1日(日)午前10時30分からWOWOWで生中継されます。
https://www.wowow.co.jp/sports/excite/info/detail_200910.html

おすすめ記事

ボクシング・マガジン 2020年10月号


This article is a sponsored article by
''.