毎年10月29日は「世界乾癬デー」です。乾癬は原因や根治療法が明らかになっていない慢性の皮膚疾患であり、日本には乾癬患者さんが50~60万人いると推定されています。皮膚に症状があらわれることから、精神的な負担が大きい疾患であり、日々に悲観してしまう患者さんも多くいらっしゃいます。

乾癬とは何か?

乾癬は、皮膚に症状があらわれる慢性の疾患です。主な症状としては、皮膚が赤くなる「紅斑(こうはん)」、紅斑した皮膚が盛り上がる「肥厚・湿潤(ひこう・しつじゅん)」、その表面が白銀色のかさぶたで覆われる「鱗屑(りんせつ)」、そのかさぶたがポロポロと剥がれ落ちる「落屑(らくせつ)」が見られます。

半数の患者さんにかゆみがあり、その程度は人によりさまざまです。紅斑は発疹が全身にみられ、鱗屑や落屑は、頭皮や生え際に多く、皮膚がこすれやすい部分(肘や膝)にあらわれることもあります。爪の症状(爪病変)やリウマチのような関節炎(乾癬性関節炎)がおこる患者さんもいます。

人に感染する疾患ではありませんが、乾癬の原因はいまだはっきりわかっていません。根治療法も明らかになっていませんが、最近では乾癬の治療選択肢が充実しつつあり、最新の研究では、免疫機能の異常が発症に関与していることがわかりはじめています。

一方で、かゆみや腫れなどの皮膚症状だけでなく、暑くても薄着ができない、フケが多くて肩身が狭い、赤くなった肌を人に見られることにストレスを感じるなど、日常生活での不自由さや精神的な負担があり、患者さんにとってはとても深刻な問題で、悲観してしまう患者さんも少なくありません。

『HIKANSEN SALON(ヒカンセン サロン)』を11月1日に開催

乾癬患者さんの精神的な負担を緩和するために、患者さん同士がつながる場として、『HIKANSEN SALON(ヒカンセン サロン)が、11月1日(金)に、東京都渋谷区のTRUNK HOTELにて開催されます。

この『HIKANSEN SALON』は、医師や専門家(フィナンシャルプランナー、管理栄養士など)を数名招き、「患者さんの医療アクセスを隔てる課題とは何か」「今日から使える治療費・食事の知恵」などを語り合う情報交換と患者同士の交流の場です。
開催概要、申込先は下記の通り。

開催概要
日 時: 2019年11月1日(金)18:30-20:30(※18:00~受付開始)
会 場: TRUNK HOTEL (〒150-0001東京都渋谷区神宮前5丁目31)
    https://trunk-hotel.com/access/
交 通: 東京メトロ「渋谷駅」A13番出口より徒歩7分
東京メトロ「表参道駅」A1番出口より徒歩10分/「明治神宮前駅」7番出口より徒歩6分
共 催: ヤンセンファーマ株式会社、日本乾癬学会、一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会
参加対象:乾癬患者さん、乾癬患者さんのご家族
参 加 費: 無料(一般参加:定員先着100名)
会場参加申込:https://hikansentokyo.peatix.com/
WEB参加:YouTubeもしくはヤンセンファーマFacebookページから視聴可能
YouTube https://youtu.be/eCoyDhKlL7g
Facebook https://www.facebook.com/JanssenJapan/
問い合わせ:HIKANSEN SALON 事務局(電話:03-4531-0212)

プログラム
1.開会のあいさつ
2.トークサロン「乾癬と共に歩む今」
・NTT東日本関東病院 皮膚科 部長 五十嵐 敦之 先生
・一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会 山下織江 さん
3.テーマセッション「治療のお金のギモン・食事のギモン」
・聖路加国際病院 皮膚科 新井 達 先生 × フィナンシャルプランナー黒田 尚子さん
・帝京大学医学部附属病院 皮膚科 多田 弥生 先生 × 管理栄養士 北村文乃さん
・一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会 大蔵由美 さん
4.新プロジェクト発表 “FACT FASHION” ~心身に寄り添ったものづくり~
・株式会社リバースプロジェクト 共同代表 龜石 太夏匡さん、プロデューサー藤澤 はるかさん
・一般社団法人 INSPIRE JAPAN WPD 乾癬啓発普及協会 大蔵由美さん・山下 織江さん
5.参加者交流会(軽食付き)

おすすめ記事

「健康一番」けんいち Vol.21 肥満・メタボ・肥満症 解消大作戦!
コーチングクリニック 8月号増刊


This article is a sponsored article by
''.