8月9日から13日に鹿児島アリーナで開催される今年のインターハイ。男子個人戦は10日に60kg級・66kg級・73kg級、11日に81kg級・90kg級・100kg級・100kg超級が行われる。各階級とも有力選手が多数参戦し、熱戦必至の2日間。その展望をお届けしよう。

男子個人戦展望

60kg級は近藤隼斗(佐賀工業)が2連覇に照準。100kg超級は斉藤立(国士舘)の実力が突出!

60kg級

 18年春夏連覇の近藤隼斗(佐賀工業)、そして19年高校選手権覇者の福田大晟(比叡山)が栄冠を目指して意欲を燃やす。近藤は背負い投げ、福田は寝技が得意。この2人を中心に、優勝争いが繰り広げられそうだ。他の有力選手は福田虎輝(東海大大阪仰星)、関野進吾(東海大甲府)、古志侑樹(天理)、田中祥(長崎南山)、伊藤大輔(東海大山形)、辻岡慶次(大成)、中島瑞貴(西日本短大附属)、大田原優斗(関西)など。

画像: ※写真=60kg級でトップクラスの実力と実績を誇る近藤隼斗 写真◎近代柔道

※写真=60kg級でトップクラスの実力と実績を誇る近藤隼斗
写真◎近代柔道

66kg級

 今年の高校選手権を制した唯野己哲(木更津総合)が、インターハイのタイトル獲得も狙う。唯野を追うのは高校選手権3位の池﨑晴登(長崎日大)と光岡岳人(大牟田)で、さらに小山翔大(天理)、古川要(東海大甲府)、幸田朗(明桜館)、福田大和(平田)、高森陸右(作陽)、岡田悠之介(埼玉栄)、笠康介(東海大相模)、吉岡正晃(鎮西)らが追随する。

73kg級

 19年高校選手権優勝の田中裕大(大牟田)が、夏も優勝候補一番手。左右の担ぎ技に加えて、足技も武器とする。体力面が課題だったが、トレーニングでパワーもつけてきた。その田中を追うのが岡山岳人(盛岡大附属)、南波大成(開星)、山邉龍斗(新田)、石原樹(前橋商業)、朝田隼(東海大大阪仰星)、小田桐美生(国士舘)、伊藤栄都(四日市中央工業)、杉野光星(埼玉栄)ら。

81kg級

 竹市大祐(大牟田)が春に続いて夏の主役も見据える。袖釣り込み腰や担ぎ技が得意で、卓越したスピードの持ち主。竹市を追うのが宮本和志(九州学院)、杉本将一朗(北海)、菅原幸大(柴田)、鎌田直人(高知)、そして全日本女子・増地克之監督の息子の増地遼汰朗(安田学園)。また、今年の全日本カデ優勝の大竹龍之助(大成)や、阿久津友春(木更津総合)、廣井柊也(小杉)、小畑大樹(佐賀商業)なども注目したい。

90kg級

 19年全日本カデ優勝の戸髙淳之介(延岡学園)を軸に覇を競う。戸髙は長身からの内股に一発を持つ。その他、実力の高い選手は大谷大斗(北海道栄)、池田凱翔(天理)、田中航太(鹿児島情報)、竹本舜(新田)、秋定岳人(神戸国際大附属)、織茂峻伍(木更津総合)、宮部広大(大垣日大)など。さらに、1年生から国士舘でレギュラーを張ってきた道下新大(国士舘)の戦いからも目が離せない。

100kg級

 森健心(大牟田)が優勝争いの中心で、対抗がグリーンカラニ海斗(日体大荏原)。森は足技に切れ味があり、グリーンは突出したパワーがある。両者を追うのが金澤聡瑠(木更津総合)、鈴木直登(田村)、瀧石靖弘(国東)、森田和志(小杉)、山野井爽(埼玉栄)、鈴木太陽(天理)、上田泰介(京都学園)、竹村虎之(大成)、嵐大地(作陽)、堀田孝起(新田)。そして小・中学生時代から活躍し、寝技もうまい工藤海人(東海大相模)や、福永夏生(崇徳)らのパフォーマンスも楽しみだ。

100kg超級

この階級は斉藤立(国士舘)が突出した存在。対抗馬を見つけるのが困難だが、有力選手としては福本佑樹(崇徳)、田川聖(埼玉栄)、井上直弥(天理)、髙橋翼(作陽)、中村雄太(東海大大阪仰星)、小林大輝(大成)、菅原光輝(東海大相模)、服部大喜(大牟田)らをピックアップしたい。彼らの中では特に、髙橋の実力が高い。大きさでは斉藤に及ばないものの、大外刈りに一発を持っており、両者の決勝対決も期待される。

画像: ※写真=超高校級の斉藤立(国士舘)が、100kg超級の優秀候補ナンバーワン 写真◎近代柔道

※写真=超高校級の斉藤立(国士舘)が、100kg超級の優秀候補ナンバーワン
写真◎近代柔道

大会日程

9日(金)開会式/男子団体戦3回戦まで
10日(土)男子団体戦4回戦~決勝/男子個人戦60㎏級、66kg級、73kg級
11日(日)男子個人戦81㎏級、90kg級、100kg級、100㎏超級/女子団体戦2回戦まで
12日(月)女子団体戦3回戦~決勝/女子個人戦48㎏級、52kg級、57kg級
13日(火)女子個人戦63㎏級、70kg級、78kg級、78㎏超級

会場

鹿児島アリーナ
住所=鹿児島県鹿児島市永吉1-30-1
アクセス=JR「鹿児島中央」駅よりバスで約10分、「中草牟田」「鹿児島アリーナ前」下車。「鹿児島中央駅西口」よりバスで約6分、「鹿児島アリーナ前」下車

関連記事

近代柔道 2019年8月号


This article is a sponsored article by
''.