8月25日から日本武道館で世界選手権が開幕した。初日は男子60kg級と女子48kg級が行われ、60kg級はジョージアのチビミアニ、48kg級はウクライナのビロディドが優勝した。日本勢は、男子60kg級は永山竜樹と髙藤直寿が3位決定戦で対戦し、勝った永山が3位、敗れた髙藤が5位、また女子48kg級の渡名喜風南は女王ビロディドをあと一歩まで追い詰めたが2位に終わり、初日は金メダルはゼロに終わった。

※写真上=大会初日は女子48kg級と男子60kg級の2階級が行われた
写真◎近代柔道

男子60kg級

優 勝 L.チフビミアニ(ジョージア)

準優勝 S.ルトフィラエフ(ウズベキスタン)

3 位 Y.スメトフ(カザフスタン)

3 位 永山 竜樹(日本)

    髙藤直寿/5位

画像: ※写真上=60kg級表彰 左から2位・ルトフィラエフ、優勝・チフビミアニ、3位・スメトフ、永山

※写真上=60kg級表彰 左から2位・ルトフィラエフ、優勝・チフビミアニ、3位・スメトフ、永山

コメント

永山竜樹選手

「準決勝までは調子が良くて、いつも通り試合が出来ていたんですけど、準決勝は気持ちで負けたのかなと思います。最後は無理かなと思ったのですが、気合で無理やり持っていきました。アマ試合に勝たなければオリンピックはないなと思っていた。最後ポイントを取られたときはもう無理かなと思った。銅メダルはギリギリ次につながったと思う」

髙藤直寿選手

「永山選手に金メダルを獲られなくてよかったなと。それだけです、今日よかったのは。あとは全部だめです。今日はモチベーションで負けていました。この結果を次のいい結果につなげたいです」

女子48kg級

優 勝 D.ビロディド(ウクライナ)

準優勝 渡名喜風南(日本)

3 位 U.ムンフバット(モンゴル)

3 位 D.クラスニキ(コソボ)

画像: ※写真上=48kg級表彰 左から2位・渡名喜、優勝・ビロディド、3位・ムンフバット、クラスニキ 写真◎近代柔道

※写真上=48kg級表彰 左から2位・渡名喜、優勝・ビロディド、3位・ムンフバット、クラスニキ
写真◎近代柔道

コメント

渡名喜風南選手

「内容は、前回何もできない状態で負けたので、距離は縮まっているかなと思います。今回も勝てるという自信しかなかったので、負けてしまって悔しいですけど、来年は絶対に勝ちます」

関連記事

近代柔道 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.