世界柔道選手権の大会3日目、男子73kg級と女子57kg級が行われ、圧倒的な強さを見せつけた73kg級・大野将平が4年ぶ3度目の優勝、連覇を狙う芳田司は決勝までコマを進めたが、ライバルのデクチ・クリスタ(カナダ)に敗れ、準優勝に終わった。

※写真上=圧倒的な強さを見せつけ、3大会ぶりに世界王者となった大野将平
写真◎近代柔道

男子73kg級

優 勝 大野 将平(日本)

準優勝 R.オルジョフ(アゼルバイジャン)

3  位 D.イアルチェフ(ロシア)

3  位 H.ヘイダロフ(アゼルバイジャン)

画像: ※写真上=73kg級表彰 左から2位・オルジョフ、優勝・大野、3位・イアルチェフ、ヘイダロフ 写真◎近代柔道

※写真上=73kg級表彰 左から2位・オルジョフ、優勝・大野、3位・イアルチェフ、ヘイダロフ
写真◎近代柔道

コメント

大野将平選手

「達成、満足というよりは、立場上、安心(したという気持ち)の方が強いですかね。(勝つだろうといわれていて、そのプレッシャーに勝つためには)やり過ぎなくらい、準備をするしかなかった。これでいいと思ったら負けだと思っていたので、自分が納得するまで、試合の直前まで準備はできたのかなと思います」

女子57kg級

優 勝 C.デグチ(カナダ)

準優勝 芳田 司(日本)

3  位 J.コワルツィック(ポーランド)

3  位 R.シルバ

画像: ※写真上=57g級表彰 左から2位・芳田、優勝・デクチ、3位・コワルツィック、シルバ 写真◎近代柔道

※写真上=57g級表彰 左から2位・芳田、優勝・デクチ、3位・コワルツィック、シルバ
写真◎近代柔道

コメント

芳田司選手

「決勝戦でデクチ選手と戦って優勝することが目標だったので、また次に(目標達成は)持ち越しという感じです。また決勝でデクチ選手と戦って、次は一本取り返します」

デクチ・クリスタ選手

「(優勝には)正直、びっくりしています。4分間とGSを戦って負けているなと思っていたけど、そこは気持ちで譲れない部分があったので、あんな技は普段掛けないんですけど、最後は勝手に体が動いたのかなと思います」

関連記事

近代柔道 2019年9月号


This article is a sponsored article by
''.