グランドスラム大阪の3日目が11月24日、丸善インテックアリーナ大阪で開催され、女子78kg超級の素根輝(環太平洋大1年)が東京世界選手権に続いて優勝。大会終了後の全日本柔道連盟強化委員会を経て、来年の東京五輪代表に内定した。素根は柔道の五輪代表内定選手第1号。その他の日本勢では男子100kg級で羽賀龍之介(旭化成)、女子78kg級で梅木真美(ALSOK)が頂点に立った。

※写真上=東京五輪代表の内定を得て笑顔を見せる素根輝
写真◎近代柔道

女子78kg超級

優勝・素根輝(日本)

2位・I.オルティス(キューバ)

3位・朝比奈沙羅(日本)

〃 ・B.ソウザ(ブラジル)

冨田若春/5位

児玉ひかる/1回戦敗退

会見コメント

「今日優勝して(内定を)決めることを目標にやってきたので、優勝できて良かったです。東京五輪を意識しすぎず、一つの大会として、優勝する気持ちで今大会に臨みました。優勝後は落ち着かない気持ちでしたが、(内定が)決まってホッとしました」

画像: ※写真上=78kg超級表彰 2位・オルティス、優勝・素根、3位・朝比奈、ソウザ 写真◎近代柔道

※写真上=78kg超級表彰 2位・オルティス、優勝・素根、3位・朝比奈、ソウザ
写真◎近代柔道

女子78kg級

優勝・梅木真美(日本)

2位・濵田尚里(日本)

3位・泉 真生(日本)

〃 ・F.ポスビット(フランス)

和田梨乃子/5位

優勝コメント

「優勝できてホッとしています。来年につなげるために、ここで優勝しないといけなかったので…。決勝は先にポイントを取られましたが、焦らず冷静に戦うことを心掛けました。濵田選手との直接対決に勝てて良かったです」

画像: ※写真上=78kg級表彰 左から2位・濵田、優勝・梅木、3位・泉、ポスビット 写真◎近代柔道

※写真上=78kg級表彰 左から2位・濵田、優勝・梅木、3位・泉、ポスビット
写真◎近代柔道

男子100kg超級

優勝・I.タソエフ(ロシア)

2位・太田彪雅(日本)

3位・A.ユスポフ(ウズベキスタン)

〃 ・影浦心(日本)

熊代佑輔/5位

香川大吾/5位

画像: ※写真上=100kg超級表彰 左から2位・太田、優勝・タソエフ、3位・影浦、ユスポフ 写真◎近代柔道

※写真上=100kg超級表彰 左から2位・太田、優勝・タソエフ、3位・影浦、ユスポフ
写真◎近代柔道

男子100kg級

優勝・羽賀龍之介(日本)

2位・E.ガシモフ(アゼルバイジャン)

3位・ウルフ アロン(日本)

〃 ・飯田健太郎(日本)

西山大希/7位

優勝コメント

「ホッとした気持ちが強いです。講道館杯と今大会の2大会優勝できたことは自分にとって大きな収穫なので、うれしいです。講道館杯で勝って、なんとか首の皮一枚つながって、今日勝って手のひらから落っこちてないと思うので、また次の大会に選んでもらえたら、また準備をして頑張りたいですね」

画像: ※写真上=100kg級表彰 左から2位・ガシモフ、優勝・羽賀、3位・飯田、ウルフ 写真◎近代柔道

※写真上=100kg級表彰 左から2位・ガシモフ、優勝・羽賀、3位・飯田、ウルフ
写真◎近代柔道

男子90kg級

優勝・B.グビニアシビリ(ジョージア)

2位・D.ボボノフ(ウズベキスタン)

3位・向翔一郎(日本)

〃 ・郭同韓(韓国)

長澤憲大/5位

村尾三四郎/7位

ベイカー茉秋/3回戦敗退

画像: ※写真上=90kg級表彰 左から2位・ボボノフ、優勝・グビニアシビリ、3位・向、郭 写真◎近代柔道

※写真上=90kg級表彰 左から2位・ボボノフ、優勝・グビニアシビリ、3位・向、郭
写真◎近代柔道

関連記事

近代柔道 2019年12月号


This article is a sponsored article by
''.