2月21日に開幕したグランドスラム・デュッセルドルフの1日目、日本勢は60kg級に髙藤直寿、66kg級に阿部一二三、48kg級に渡名喜風南、52kg級に阿部詩が出場し、髙藤、阿部一二三、詩の3人が優勝、渡名喜が準優勝した。22日には男子73kg級にリオ五輪金メダリストの大野将平が出場する。

※写真上=ガッツポーズで観衆に応える髙藤選手
写真◎IJF

【60kg級】

優勝 髙藤直寿(日本)
2位 ヤン・ユンウェイ(台湾)
3位 キム・ウォンジン(韓国)
3位 T.ツァカドエア(オランダ)

画像: ※写真上=60kg級表彰

※写真上=60kg級表彰

66kg級

優勝 阿部一二三(日本)
2位 V.マルグベラシビリ(ジョージア)
3位 A.ガイテロマーチン(スペイン)
3位 Y.シャミロフ(ロシア)

画像: ※写真上=66kg級表彰

※写真上=66kg級表彰

48kg級

優勝 S.ボウクリ(フランス)
2位 渡名喜風南(日本)
3位 S.ギリアゾワ(ロシア)
3位 J.フィゲロア(スペイン)

画像: ※写真上=48kg級表彰

※写真上=48kg級表彰

52kg級

優勝 阿部詩(日本)
2位 A.ブシャール(フランス)
3位 A.デルガド(アメリカ)
3位 K.ビシレルト(モンゴル)

画像: ※写真上=52kg級表彰

※写真上=52kg級表彰

57kg級

優勝 J.クレムケイト(カナダ)
2位 S.シシーク(フランス)
3位 A.コンキナ(ロシア)
3位 S.ドルジスレン(モンゴル)
※日本人選手の出場はなし(芳田司はケガで欠場)

関連記事

おすすめ記事

近代柔道 2020年3月号


This article is a sponsored article by
''.