2月22日にグランドスラムデュッセルドルフ2日が行われ、日本勢では73kg級の大野将平、63kg級の田代未来、70kg級の新井千鶴が優勝し、オリンピック代表に大きく前進した。81kg級の永瀬貴規は2回戦で優勝したグリガラシビリ(ジョージア)に敗れた。大会最終日は90kg級に向翔一郎、78kg級に濵田尚里、78kg超級に朝比奈沙羅が出場する。

※写真上=70kg級で優勝した新井千鶴
写真◎IJF

73kg級

優勝 大野将平(日本)

2位 安昌林(韓国)

3位 T.ツェンドオチル(モンゴル)

3位 R.オルジョフ(アゼルバイジャン)

画像: 73kg級

※写真上=73kg級表彰

81kg級

優勝 T.グリガラシビリ(ジョージア)

2位 K.ハルムラザエフ(ロシア)

3位 F.デウィット(オランダ)

3位 R.パシェック(スウェーデン)
※永瀬貴規/2回戦敗退

63kg級

優勝 田代未来(日本)

2位 T.トルステニャク(スロベニア)

3位 M.デルトロカルバジャル(キューバ)

3位 G.ボルト(モンゴル)

画像: 63kg級

※写真上=63kg級表彰

70kg級

優勝 新井千鶴(日本)

2位 G.ウィルレムス(ベルギー)

3位 G.スコッチマロー(ドイツ)

3位 M.ピノ(フランス)

画像: 70kg級

※写真上=70kg級表彰

関連記事

おすすめ記事

近代柔道 2020年3月号


This article is a sponsored article by
''.