グランドスラムデュッセルドルフ最終日、日本勢では、78kg級の濵田尚里、78kg超級の朝比奈沙羅が優勝し、女子は今大会出場した6階級のうち5階級を制した。男子は90kg級・向翔一郎が3位に終わり、今大会男子の優勝は3階級となった。

※写真上=78kg級で優勝した濵田尚里(青)
写真◎IJF

90kg級

優勝 D.ボボノフ(ウズベキスタン)

2位 Q.ナバリ(ウクライナ)

3位 B.グビニアシビリ(ジョージア)

3位 向 翔一郎(日本)

画像: 90kg級

※写真上=90kg級表彰

100kg級

優勝 J.フラモフ(ウズベキスタン)

2位 E.ガシモフ(アゼルバイジャン)

3位 M.シルジェニクス(ハンガリー)

3位 Z.コトソイエフ(アゼルバイジャン)

※日本人選手の出場はなし(ウルフ アロンはケガで欠場)

画像: 100kg級

※写真上=100kg級表彰

100kg超級

優勝 G.ツシシビリ(ジョージア)

2位 J.フレイ(ドイツ)

3位 キム・ミンジョン(韓国)

3位 R.シルバ(ブラジル)

※日本人選手の出場はなし(原沢久喜はケガで欠場)

画像: 100kg超級

※写真上=100kg超級表彰

78kg級

優勝 濵田尚里(日本)

2位 M.アギアル(ブラジル)

3位 F.ポスビット(フランス)

3位 A.ワグナー(ドイツ)

画像: 78kg級

※写真上=78kg級表彰

78kg超級

優勝 朝比奈沙羅(日本)

2位 I.キンドゼルスカ(アゼルバイジャン)

3位 H.ムバラ(カメルーン)

3位 I.オルティス(キューバ)

画像: 78kg超級

※写真上=78kg超級表彰

関連記事

近代柔道 2020年3月号


This article is a sponsored article by
''.