画像: ※写真上=価値あるファインプレーをみせる横浜の桑原外野手 写真◎小山真司(本社写真部)

※写真上=価値あるファインプレーをみせる横浜の桑原外野手
写真◎小山真司(本社写真部)

2月21日 練習試合 横浜DeNAベイスターズvs千葉ロッテマリーンズ

この試合ベイスターズの先発はドラフト1位の上茶谷投手。

1回、マリーンズ打者3人を無安打無失点。続く2回、4番井上選手を三振に。危なげないピッチングでしたが、続く5番バルガス選手の打球はセンターの桑原選手の頭を超えて・・・

と思った瞬間、桑原選手はジャンプ一発、身体を目いっぱい伸ばしてナイスキャッチ。

上茶谷投手は次の打者も抑えて2イニングを打者6人、無安打無失点で終えました。

近年、好成績を残しているベイスターズのドラ1。今日の上茶谷投手も活躍を予感させる好ピッチングでした。

この桑原選手のナイスキャッチは普段のファインプレーよりも価値のあるファインプレーになった気がしました。


This article is a sponsored article by
''.