ラグビーW杯2019日本大会開幕まで60日あまり。4年前のイングランド大会で衝撃の躍進を遂げたジャパンの軌跡を未公開写真を含め振り返るシリーズ第2弾。

※写真上=スコットランド戦試合前ウォーミングアップ後、肩を組んでロッカーへ引き上げるジャパンの選手たち
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

Part1での衝撃の南アフリカ戦に続き、今回は予選リーグ残り3試合を一挙に掲載。4年前撮影のデータを見返しお蔵入りした写真を発表できる幸せ。2019年日本大会はこんなところにも波及しています。

ラグビーワールドカップ2015報道展『JAPANの衝撃』

〜4年前、イングランドで写真家たちが捉えた熱狂〜

8月5日までキャノンオープンギャラリー(品川)にて開催中です!

画像: ※写真上= 稲垣、必死の形相でタックル 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上= 稲垣、必死の形相でタックル

撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)
画像: ※写真上=ルーズボールに絡む堀江と五郎丸 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=ルーズボールに絡む堀江と五郎丸
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

画像: ※写真上=スコットランド戦前半終了間際、「トライか?!」と思われた時、背後から吾郎丸が渾身のタックル!追加点を与えず。この時、南ア戦の奇跡の再現を期待した。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=スコットランド戦前半終了間際、「トライか?!」と思われた時、背後から吾郎丸が渾身のタックル!追加点を与えず。この時、南ア戦の奇跡の再現を期待した。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

画像: ※写真上=南ア戦から中3日、やはり疲労が抜けきれなかったのか、後半は立て続けにトライを奪われる。呆然とするジャパンの選手たち。やはり「世界」は甘くなかった。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=南ア戦から中3日、やはり疲労が抜けきれなかったのか、後半は立て続けにトライを奪われる。呆然とするジャパンの選手たち。やはり「世界」は甘くなかった。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

画像: ※写真上=サモア戦、突進するトンプソンルーク。2019日本大会もメンバー入りの可能性大。期待してまっせ! 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=サモア戦、突進するトンプソンルーク。2019日本大会もメンバー入りの可能性大。期待してまっせ!

撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)
画像: ※写真上=二人からタックルを受けるもボールを捌く田中史朗。2019年も頑張ってほしい。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=二人からタックルを受けるもボールを捌く田中史朗。2019年も頑張ってほしい。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

画像: ※写真上=サモア戦、現地の新聞に「Ninja Try!」と賞賛された山田章仁のトライ。私の目の前でやってくれてありがとう! 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=サモア戦、現地の新聞に「Ninja Try!」と賞賛された山田章仁のトライ。私の目の前でやってくれてありがとう!

撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)
画像: ※写真上=突進する畠山健介。フロントローとしてジャパンを支えた。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=突進する畠山健介。フロントローとしてジャパンを支えた。

撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)
画像: ※写真上=アメリカ戦、キックで相手を揺さぶる小野晃征、日本の司令塔として君臨した。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=アメリカ戦、キックで相手を揺さぶる小野晃征、日本の司令塔として君臨した。

撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)
画像: ※写真上=アメリカ戦、突進する五郎丸。2019日本大会のメンバーには選ばれていないが、出て欲しい!と願っているのは私だけではないはずです。 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=アメリカ戦、突進する五郎丸。2019日本大会のメンバーには選ばれていないが、出て欲しい!と願っているのは私だけではないはずです。
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

画像: ※写真上=アメリカ戦後、3勝1敗の好成績を残しながら決勝トーナメントに進めず。しかし選手達にはやりきった充実感が漂う。2019日本大会は是非とも予選リーグ突破を! 撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

※写真上=アメリカ戦後、3勝1敗の好成績を残しながら決勝トーナメントに進めず。しかし選手達にはやりきった充実感が漂う。2019日本大会は是非とも予選リーグ突破を!
撮影◎早浪章弘(本社大阪写真部)

関連記事

おすすめ商品


This article is a sponsored article by
''.