8日午後1時より、都内・新日本プロレス事務所にて、6・9大阪城ホール大会における2つのタイトルマッチの調印式がおこなわれた。

 まず、明日のセミファイナルで組まれたIWGPインターコンチネンタル王座戦の調印式がおこなわれ、王者の飯伏幸太と挑戦者の内藤哲也が出席。今年3度目の対戦となる両者だが、席上で飯伏は「リマッチ権はやめましょう」と提案。一方の内藤はIWGPヘビー級王座との2冠を目指すためにも「いまいちばん欲しいのはインターコンチネンタル王座」と語った。

画像: インターコンチネンタル王者の飯伏幸太(左)と挑戦者の内藤哲也(右)

インターコンチネンタル王者の飯伏幸太(左)と挑戦者の内藤哲也(右)

内藤「4月20日、愛知県体育館のリング上でオレが言った言葉、みなさま覚えてますでしょうか? もしほかにそのベルトが欲しいという選手がいるのであれば、いますぐリングに上がって来いよと、ボクは言いました。でも残念ながら、誰も出て来なかった。ということは、4月20日の時点でインターコンチネンタル王座が欲しいという選手は、オレ以外にいないということ。つまり、今回のタイトルマッチに関して、ほかの選手にとやかく言われる筋合はないし、今回のタイトルマッチに関してオレは、ちゃんと筋を通したつもりですよ。そのへんのところ勘違いしないでくださいよ。オレは間違っても前王者のリマッチ権なんて言葉、使ってませんから。そもそもそのリマッチ権って言葉、オレはあんまり好きじゃないんでね。あと、せっかくなので、この場ではっきりと宣言しておきますよ。オレがいまいちばん欲しいベルトは、IWGPインターコンチネンタル王座。もちろんその先にIWGPヘビー級王座を見据えていますよ。でも、いまいちばん欲しいベルトはIWGPインターコンチベルトであるということを、チャンピオン・飯伏幸太選手、マスコミのみなさま、そして新日本プロレスワールドをご覧のみなさまに、この場でお伝えしたいと思います」

飯伏「ボクが言いたいことはほとんど内藤さんが言ってくれたし、ボクもそうだと思うし。ボクから言うことはとんどなにもないですね。ただ、一つだけ言いたいことがあるんですけど、リマッチ権というのはないかもしれないですけど…リマッチはやめないですか? やりすぎですよ、やりすぎ。これ最後にしてください」

内藤「ニュージャパンカップで対戦したのはオレの意思じゃないですからね。今年3回目ですか? まあね、確かに多いですよ。でも、やるたびにワクワクしちゃうんですよね、残念ながら。オレ、飯伏幸太とプロレスするの好きなんですよ。飯伏幸太という人間は嫌いだよ、全然魅力も感じないですよ。でも、レスラー飯伏幸太はワクワクするものを抱いてしまうんですよね。とはいえ、やはりオレも、リマッチ、リマッチ、リマッチって。そんなものが認められたていたら、永遠に続きますからね。2連勝しないと決まらないんじゃないかっていう、意味の分からないルールになってしまいますからね。だからリマッチというのはオレも否定的ですよ。だから今回、リング上でほかの選手にちゃんと聞きましたからね。今回はオレはちゃんと筋を通しましたよ。しかもその直後にチャンピオンの飯伏幸太から“やりましょう”っていう言葉も聞いたので。だから今回に関しては筋の通ったタイトルマッチだと思ってますよ。でも、何度も言いますが、リマッチというものに関しては、オレも否定的ですね。その点に関しては、飯伏と同じ考えだなと」

飯伏「プロレスラー内藤哲也、確かに好きです。(人間)内藤哲也も好きですよ? なんでボクのこと嫌いなんですか?」

内藤「飯伏幸太を好きな人間いないでしょ。菅林会長だって、人間・飯伏幸太は嫌いなはずですよ?」

飯伏「(先シリーズ出場しなかったことを、内藤選手は指摘していたが?)ボクは出たかったけど、出られなかった…この話、気まずくなるんで、やめましょう(苦笑)」

 続いて、明日のメインイベントで組まれたIWGPヘビー級選手権の調印式となり、王者のオカダ・カズチカと挑戦者のクリス・ジェリコが出席。ジェリコは今一戦にあたり「ペインメーカー」と称して、オカダに苦痛を与えることを“予告”しているが、この日はオカダとIWGPヘビー級王座に対してのリスペクトを示すことに言葉に終始。その上で、「新日本プロレスの顔になる」と“象徴取り”への自信をのぞかせた。ジェリコは意気込みを述べている間は比較的、おとなしくしていたものの、フォトセッションに移りオカダと横並びになると、急に机を倒すなどして暴れ出し、険しい表情のままその場から去って行った。

画像: IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(左)と菅林会長(中央)と挑戦者のクリス・ジェリコ

IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(左)と菅林会長(中央)と挑戦者のクリス・ジェリコ

ジェリコ「オレとの対戦が決まったあとのオマエのコメントは聞いた。ペインメーカーとはなんたるかを、オマエに見せてやる。明日、オマエはこうなんるだ(と言って、オカダが表紙の本誌をビリビリと破る)。明日の夜、試合が始まれば、オレはオマエの背骨を折り、歯を折り、その歯を飲み込ませてやる。そして、なぜオレが世界最高なのか、なぜ業界史上最強の男なのかを見せてやろう。オレがいまもっとも欲しいIWGPヘビー級ベルトを持っているオマエを、完全に痛めつけてやる」

オカダ「率直に、やっとジェリコに会えたなと。本当にペインメーカーが痛みの雨を降らせてくれるのかどうか分からないですけど、普段からプロレスが痛いのは当たり前なので、明日はどれだけ痛いのかなと楽しみです。いままでインターコンチだったり、USタイトルマッチをやってきたと思いますけど、これはIWGP(ヘビー級)の闘いなので。ノーDQでもないので、IWGPらしい闘いをして、しっかりオレの方がベストだというのを見せつけてやろうと思います」

ジェリコ「いままでもずっと、オカダは最強、オカダは最高、オカダは天才だと、オカダがいかにスゴいかという称賛はいくらでも聞いてきた。過去の試合もたくさん見て、オマエがいいプロレスラーなのは知っている。でもオレと対峙したときに、それはどうなのか?オレは明日、オマエを完膚なきまでに痛めつける。(IWGPヘビー級王座への思いは?)明日は特別な一夜になる。新日本で若いときから闘い続け、FMWなどいろいろな団体でも試合をし、今回が54回目の来日になる。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦した1997年から20年以上の時を経て、ついにIWGPヘビー級王座に挑戦する。自分のキャリアのなかで、まだこのベルトだけは手に入れることができていない。WWEで6回チャンピオンになり、インターコンチのベルトも手に入れた。このIWGPヘビー級王座戦を、新日本プロレスの顔であり、スターであるオカダ・カズチカとできるのは、大変特別なこと。自分としては、いまの新日本の顔を叩き潰し、自分が新日本プロレスの顔になりたい」

オカダ「(ジェリコ選手のキャリアを踏まえての印象は?)WWEでチャンピオンになったのは知ってるし、このまえもAEWの旗揚げ戦でケニーを倒したのも知ってますけど、正直WARのときの活躍というのはあまり知らないですし、アメリカでの活躍しか知らない。でも、WWEで6回もチャンピオンになった人と闘えるというのは…そんなにチャンピオンになってるんだって思いましたし、スゴく明日が楽しみになってきましたね」

ジェリコ「このまえオレはAEWのメインイベントでケニーを倒した。そして、それから約10日後には、今度は新日本プロレスのリングのIWGPヘビー級チャンピオンシップに臨む。こんなことができる男は、世界中どこを探してもオレ以外にはいないだろう。2週間の間で、これだけのビッグイベントで闘える男がいるか? オマエの最大ライバル、ケニー・オメガを倒し、そしてDOMINIONでのこのドリームマッチも制し、WWEとWCWのダブルチャンピオンになったときのように、AEWのチャンピオンシップと合わせてダブルチャンピオンになってみせる。オカダ対クリス・ジェリコは、東京ドームでも間違いなく観客はたくさん入る。明日はソールドアウトの大阪でベルトを勝ち取り、オレはアメリカに帰る。このベルトは絶対に勝ち取らないといけない。新日本プロレスではいま、オカダ・カズチカがベストだ。レスリングにおいては、強さ、スター性などもあるが、どれだけファイティング・スピリット、ストロングスタイルを見せられるかどうかというのも重要だ。オカダはそれができているし、オカダの試合は見ていて楽しいし、オレも彼の試合は好きだ。非常に賢く、アーティスティックで、劇画のように感じる、それだけの美しい試合ができるレスラーだ。ただ、オカダはあらゆる選手と対戦してきたかもしれないが、ただひとり、クリス・ジェリコとの対戦経験がない。このオレと対戦することで話題になるし、オカダ・カズチカというレスラーがまた一つ上のレベルにいける機会になるだろう」

画像: 机をなぎ倒し、オカダを挑発するジェリコ

机をなぎ倒し、オカダを挑発するジェリコ

大阪城ホール大会の詳細は6月12日(水)発売の「週刊プロレス6月26日号(No.2016)」に掲載。

週刊プロレスmobile(月額324円)ではプロレス界の最新ニュースや大会リポート、バックステージコメントなどを完全網羅!

This article is a sponsored article by
''.