毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

今週号の表紙は史上初のアメリカ開幕となった新日本プロレス「G1 CLIMAX」ダラス大会で白星発進に成功したオカダ・カズチカです。29年目にして日本以外で初開催となった今年のG1。開幕戦はオカダvs棚橋のほか、飯伏vsKENTA、SANADAvsザックと好カード目白押しでスタート。巻頭カラーで詳報します。史上最長5週間となる今年のG1は6週連続大特集していきます。

先のWWE日本公演で久しぶりに日本で試合をしたトリプルHにインタビュー。今回の来日は選手としてというよりも世界最大団体のWWEのCOO(最高執行責任者)としての意味合いが強かったトリプルHにWWEの日本戦略について直撃。気になる日本選手の具体名として女子プロレス・ディアナ所属のSareeeの名前も出しているので注目。名前を出された側のSareeeにも話を聞いています。

週刊プロレスは今年2月に2000号を達成。そこでこの夏、2000号突破記念イベントとして本誌人気連載「棚橋弘至のドラゴンノート」と「内藤哲也の手のひら返しdeあっせんなよ」の公開トークを開催。詳細第一弾を掲載しているので要チェック。

そのほかNOAH新発田、ドラゲー後楽園、DDT大阪、W-1後楽園、ZERO1新木場、FREEDOMS後楽園、スターダム・イギリス、仙女・後楽園などをリポート。水曜発売(一部地域は発売日は異なります)。

新日本7・6アメリカ・ダラス~G1開幕戦Aブロック公式リーグ戦◎オカダ・カズチカvs棚橋弘至「育まれた信頼」

4月のマディソン・スクエア・ガーデン大会の成功は、新日本プロレスの海外展開において一つのターニングポイントとなった。

MSGの超満員の観衆には圧倒的な説得力があり、大きな満足感も伴ったが、もちろんそこがゴールではない。すでに多くの海外興行が決まっているし、今後は新たな展開も必要となってくる。

その“施策”の一つが8月中旬にアメリカ3都市にまたがって開催される「SUPER
J-CUP」であり、今回の「G1 CLIMAX」開幕戦となる。(市川)

詳細は7月10日(水)発売の週プロ誌面にて。週プロmobile内「週プロ早版」ではその他の掲載コンテンツも紹介しています。

詳しくは以下のサイトを参照してください。


This article is a sponsored article by
''.