内藤の‟オフの顔”も堪能できる!
単行本でしか読めない新規エピソードをたっぷり収録!

『週刊プロレス』誌上における内藤哲也の人気連載「手のひら返しdeあっせんなよ~内藤哲也とパレハによるロスインゴトーク」が待望の単行本化! 独自のプロレス観、「内藤家」の素顔、リング外での行動や日常生活、L・I・Jメンバーとの交友録、試合や大会の秘話、制御不能な言動の真意…など、初耳エピソードが満載。
 内藤は12月11日発売の『週刊プロレス』(12月25日号=2044号)の自身の連載のなかで、この新刊本について触れ、「自分でいうのもなんですけど、おもしろい」と太鼓判を押す。
 内藤自身もおもしろさを感じているというこの本の最大の特徴は、リング上の内藤はもちろん、リング外の内藤を余すところなく明かしているところだろう。
「オレはリング上でも、リング外でも、プロレスラーでありたいです。リング上の制御不能な内藤哲也も、リングを降りたあとのくだけた感じの内藤哲也も、全部ひっくるめて‟プロレスラー・内藤哲也”なんです。そんな内藤哲也の表の面も、裏の面も、両方をお客さまには見てほしいと思っています。週プロの連載には、リング上の言動だけではわからない、リング外の普段見られない内藤もふんだんに載っています。まあ、週プロで明かしている姿は、もっぱら裏の内藤が多いけど(笑)」
 とくに内藤はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを始めてから、ファンとの交流の機会がほとんどないだけに、普段決して見ることのできない「オフモードの」内藤の意外な姿が本書で堪能できる。人気プロレスラーは試合の前後や、巡業・海外遠征時にどのような生活をしているのか、何を食べているのか…そんなプロレスラーの生態の一端を垣間見ることもできる。内藤ファン、新日本ファンはもちろん、すべてのプロレスファンにとって興味深い一冊!
しかも、本書には、週プロの連載には出ていない、ここでしか読めない新規エピソードをたっぷり収録している。さらに夏開催の週プロ2000号突破記念イベント(内藤のトークライブ)も再録。大好評発売中!

画像: 内藤の‟オフの顔”も堪能できる! 単行本でしか読めない新規エピソードをたっぷり収録!

制御不能の初耳エピソード満載!

・どこの会場に行っても、開場前に一番遠い席からリングを眺める
・必殺技デスティーノに出会ってなければ、いまの内藤はない
・高校時代は授業中、教科書でガラケーを隠しながら試合チケットを予約
・試合会場入りする前、コンビニで駄菓子をまとめて買う
・教育係を務めた高橋ヒロムとは似た者同士!?
・制御不能のL・I・Jの原点は「内藤家」にあり
・入場曲の参考にしたのはケニー・オメガの昔の曲
・若手時代のEVILの弟子入り志願を断る
・海外でサイン会の人気ナンバーワンは「ナイトー」
・SANADAは世界で一番ミステリアスな男
・技の名前がスペイン語なのは、メキシコへの感謝の気持ちから
…etc

本の発売情報

『手のひら返しdeあっせんなよ~内藤哲也のホンネ録』
12月11日発売/四六判並製/272ページ/定価:本体1600円+税/ベースボール・マガジン社
※お求めは全国の書店、またはベースボール・マガジン社受注センターへご注文ください。受注センター:TEL 0120-911-410 FAX 025-780-1232(月~金10:00~12:00、13:00~16:00 ※祝日を除く)
※ベースボール・マガジン社のホームページからもご購入いただけます。https://www.bbm-japan.com/_st/s16778978

画像: 本の発売情報

This article is a sponsored article by
''.