毎週水曜発売(一部地域はことなります)の週刊プロレスの内容、見どころを発売一日前の火曜に紹介します。

 今週号の表紙はスターダム後楽園大会でワールド・オブ・スターダム王座V2に成功した岩谷麻優です。同大会はブシロード新体制となって2度目の“プロレスの聖地”で早くも超満員札止めを記録。当日はほかにも星輝ありさが林下詩美を下したワンダー・オブ・スターダム戦、ジュリア新ユニット結成など話題満載。前カラーで詳報します。

 新日本プロレスは「FANTASTICA MANIA」が佳境。後楽園3大会では小島聡が挑戦したCMLL世界ヘビー級王座戦、60歳を越えてなお元気なネグロ・カサスの試合など、毎年この時期恒例の大会をリポート。

 週刊プロレス読者と週刊プロレスモバイルユーザーの投票で決まる「プロレスグランプリ2019」の結果発表。いろいろあった昨年のプロレス界でプロレスファンが支持した選手、試合はなにか!? 各賞受賞者だけではなく、それぞれ2位以下の順位結果もあわせてお楽しみください。(※週刊プロレスmobileサイト上では22日午前0時、ニュース欄にて発表します)。

 先週に続いて今週号でも担当記者が推薦する、「2020イチオシ選手」をクローズアップ。PART2は女子7団体で今年の活躍が期待される選手を紹介。中カラーでは「来日メキシカン名勝負特集」として日本でおこなわれたメキシコ選手の試合を振り返ります。

 そのほか全日本・春日部、NOAH兵庫、ドラゲー後楽園、DDT板橋、アイスリボン川口、東京女子イギリスなどリポート。水曜発売(一部地域は発売日は異なります)。

スターダム1・19後楽園~ワールド・オブ・スターダム◎岩谷麻優VS渡辺桃「アイコンの大きな背中」

 試合前、渡辺桃は岩谷麻優に握手を求めた。しかも、両手で。

 これは珍しい光景だった。桃は3年前に岩谷を裏切ってクイーンズ・クエストに合流。以降は岩谷に対してクールで“上から目線”な態度が目立っていたからだ。

 とはいえ、裏切る前の桃は岩谷に憧れていた。本人いわく「(岩谷に)リスペクトはやっぱりありますね。こんなの本人にも言いたくないんですけど」。内に秘めた思いが、握手という形で自然に出たのだ。

画像: スターダム1・19後楽園リポート

スターダム1・19後楽園リポート

 詳細は1月15日(水)発売の週プロ誌面にて。
↓週刊プロレスmobile内の「週プロ早版」ではその他の誌面画像も掲載中です。

「週刊プロレスmobileプレミアム」では毎週水曜午前0時に最新の「週刊プロレス」を電子版で読むことができます。月額999円、加入月0円! ぜひご利用ください。

↓「週刊プロレスmobileプレミアム」案内ページ


This article is a sponsored article by
''.